ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    「改めて、プロジェクトマネジメントの基本を体系的に学びました」- PCC2期参加メンバーインタビュー Vol.9

    こんにちは!共創型オンラインカレッジ「Project Climbing Challenge(PCC)by COPILOT COLLEGE」運営事務局です。
    前回のインタビューブログから引き続き、参加者の声をご紹(shao)介していきます!前回のブログはこちら👇

    nirjadesai.com

    今回は、PCC2期にご参加(jia)いただいた三石原士さんにお話を伺いました!

    三石原士さん
    大手(shou)人材会(hui)社にて新規部(bu)署や事業の立ち上げ、マーケティングの仕事などに携わった後、現(xian)在はコーポレートブランディングやダイバーシティ実現(xian)のための取り組みをはじめ、社内(nei)外の複数のプロジェクトチームをリードするパラレルワーカー。

    これまでとは異なるプロジェクトマネジメントの必要性を感じていた

    — はじめに、三石さんがPCCに参加した理由を教えてください。

    チームメンバーそれぞれが自律的に行(xing)動(dong)することで、プロジェクトを前(qian)進させていく仕(shi)組みづくりの必要性を感じていたからです。

    私は今まで多(duo)くのプロジェクトに関(guan)わってきましたが、アウトプットの形が明確なものが多(duo)かったんです。例えばメディアを立ち上げるプロジェクトなら、成(cheng)果物や期日が明確で、メンバーやパートナー企(qi)業と役割を分担してスケジュールをひき、一つひとつタスクを実行していけばゴールにたどり着くことができます。

    ただ近年になって関わることが増(zeng)えた組織内の課題と向き合(he)うプロジェクトは、目的は明確であるものの、具体(ti)的なゴールやマイルストーンの設定が難しいものが多くなってきました。

    — どのようなプロジェクトが増えているのでしょうか?

    例えばダイバーシティへの取り組(zu)み、女性活(huo)躍推進(jin)などが挙げられます。組(zu)織として必須の取り組(zu)みですが、何をマイルストーンとして置くのか、現(xian)場のメンバーとどのように折(zhe)り合いをつけていくのかなど、成果物がはっきりしているプロジェクトとはまったく異なる進(jin)め方をしなければなりません。

    そうしたプロジェクトを前に進めていくにあたり、自律的にコミットしてくれるメンバーと、新(xin)たなプロジェクトマネジメントの知見が必要だと思っていました。そんなときにPCCを知り、私が気になっていた「自律的なチームづくり」などのキーワードにひかれて、受講(jiang)することにしました。

    — 今までもプロジェクトマネジメントを実践されてきたかと思いますが、これまではどのようにノウハウを学んでいましたか?

    PMBOKの書(shu)籍(ji)を読(du)むなど、ほとんど独学ですね。講座を受講したのは、今回がはじめてです。

    — PCCにどんなことを期待していましたか?

    一人ひとりのメンバーの自律性(xing)をどう引き出すのか、それをプロジェクトリーダーがどのようにフォローしていけばいいのか、その具体的(de)なマネジメントの方法について、学びを得られたらいいなと思っていました。やはり「管理(li)しない」プロジェクトマネジメントをどう実(shi)現していくのか、まだまだ腹(fu)落ちできていなかったので。

    感染予防対策の上、撮影時のみマスクを外して撮影をしています。

    定例ミーティングの運営方法を改めて体系的に学び、襟を正した

    — 受講してみて、印象に残っていることはありますか?

    特に学びになったことは2つあります。1つは、定(ding)例ミーティングの運営(ying)方法について。もう1つは、失(shi)敗から逆算してリスクを潰していく手法です。

    定例ミーティングに関しては、PCCで話を聞(wen)くなかで、自(zi)分たちが今(jin)まで雑に運営しすぎていたことに気(qi)づき反(fan)省しました。

    はじめに、運営のみなさんから「三石さんにとっては基(ji)本的なことかもしれない」と声をかけていただきましたが、わかっているようでわかっていなかったこと、体系立てて理解(jie)していなかったことがありました。

    プロジェクトを進(jin)めていくなかで、大きな火種になってしまうのは大抵、コミュニケーションのすれ違(wei)いや認識のすり合わせ不(bu)足など、ごく些細(xi)なことだったりします。大きな目的やゴールにコミットしながら現(xian)場に即(ji)したアクションに落(luo)とし込み、それを常に最適化しながら進(jin)めていくうえで、定(ding)例ミーティングの適切な運用が肝になるということを改めて学びました。

    — もう1つについてはいかがでしょう。

    プロジェクト内で何かしらに失(shi)敗(bai)してしまったとき、「なぜ失(shi)敗(bai)したのか」要因をふりかえってそこから逆算し、次(ci)に進むためのリスクを洗い出して、それを一つひとつ改めて潰していく手(shou)法(fa)は今まで取(qu)り組(zu)んだことがなく、新鮮でした。

    成功パターンがない、経験値を誰も持っていない状(zhuang)況(kuang)だからこそ、失(shi)敗からリスク要因を見つけ、次につなげられる人がヒーローになれる。すごく面白いですよね。

    — 他の参加者のみなさんとの交流して、感じたことはありますか?

    プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーの方が抱えている課題には、共通点がかなりありましたね。私(si)もそうですが、取り組んでいるプロジェクトにおいて誰かが成(cheng)功体験を持(chi)っているわけでも、形式知があるわけでもない状況に置かれている人が多(duo)く、お互(hu)いに悩みを共有し、共に学(xue)ぶ機会(hui)が得(de)られて良かったです。

    「基本」にもレベルがある。PCCを通じてその解像度が上がる

    — 受講前の期待に対し、講座の内容はいかがでしたか?

    現時点では80点でしょうか——というのは、プログラムの内容に不満があったわけではなく、学(xue)(xue)んだことの実(shi)践(jian)がまだまだこれからだからです。プロジェクトマネージャーとしての自(zi)(zi)分自(zi)(zi)身の立ち位置を理(li)解し、進め方について学(xue)(xue)びを得て、ようやく自(zi)(zi)律(lv)的(de)に動けるチームをつくるためのスタートラインに立ったところだと思っています。

    — 組織やプロジェクトの規模が大きいほど、当然ながら実践するまでに時間がかかりますよね。

    ただ今(jin)回、定例ミーティングの進(jin)め方など「基本」の部分を体系(xi)的に学び、その解像度を上げることができました。スポーツでもなんでもそうですが、「基本」にもレベルがあると思うんです。

    例えばサッカーでは「ボールを止(zhi)めて、蹴る」ことが基(ji)本の動作ですが、本人ができていると思っていても、見る人が見るとまったくできていないことがよくあるそうです。その基(ji)本を徹底してできるようになってはじめて、プレーの幅(fu)が広がっていく。プロジェクトマネジメントも同様なのだと思います。

    オンラインでも課題やグループワークを通じて楽しく学べた

    — 三石さんにとって、今回のPCCはどんな場になりましたか?

    とにかく学(xue)(xue)びが楽しい場(chang)でしたね。年齢やキャリアを重ねると、こうした学(xue)(xue)びの場(chang)は貴重になりますから。持ち帰りのワークがあったり、グループでディスカッションする機会も多く、ちょうどよい負(fu)荷だったと思います。

    オンラインでのイベントや講(jiang)座は、オフライン開(kai)催(cui)と比べると現地で得られることがない分、参加(jia)する意義(yi)を感じにくいデメリットがありますよね。

    でもPCCでは、講座の中(zhong)でいろいろな問いを投げかけてもらい、そこから派生して自(zi)分で課題に取り組む時間やグループワークが設けられ、他のメンバーの知見や他社事(shi)例に触(chu)れてまた次(ci)のテーマについて学ぶ——という流(liu)れがとてもよかったです。

    — PCCへの参加をすすめるとしたら、どんな人にすすめますか?

    私(si)と同じように、メンバーが自律的に動いて成果(guo)を導き出すプロジェクトの必要性(xing)を感じている人(ren)、そうした「プロジェクトをつくる当事者」になる経験をしたい人(ren)や、そのための進め方や手法を学(xue)びたい人(ren)にはとても合っているのではないでしょうか。

    おわりに

    いかがでしたでしょうか?

    次回第(di)3期を開催するにあたり、ウェイティングリストをご用意(yi)しています。 開催準(zhun)備が整い次第(di)登録していただいた皆様にご連絡させていただきます! ウェイティングリスト(Google フォーム)は下(xia)記になります👇

    コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合(he)わせください!

    TOP