ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    プロジェクト推進支援専門のプロジェクトマネージャーが読み返すプロマネ本『座右の名著』12冊+α

    現場で難航しているプロジェクトを前に進める専門家が、何度も読み返す本って何だろう?
    プロジェクト推進支援のプロのバイブルには、プロジェクトで悩んでいる人たちを助(zhu)けるヒントが詰まっているはず。

    こんにちは!コパイロツト情報発信です。
    コパイロツトは、バックオフィスを除(chu)く全てのメンバーがプロジェクトマネージャーです。そして、プロジェクト推進について日々学びを深めている読書家でもあります(本(ben)を選ぶ目も厳しいんですよ...)

    プロジェクト推進(jin)支援を専門(men)に行うプロジェクトマネージャーでも、プロジェクトの進(jin)め方に悩んだり、迷ったり、立ち止まったりします。そんなとき、どんな本を手(shou)に取るのか?どんな本を繰(qiao)り返し読んでいるのか?

    今回は、コパイロツトのメンバーがプロジェクトマネジメントに関する書籍の中で再読する『座右の名(ming)著』12冊をメンバーのコメントと一緒にご紹介(jie)します。さらに、番外(wai)編としておすすめ動(dong)画(hua)とアニメもつけました!

    プロジェクトマネージャーは、一人で多くのことを抱え込んでしまう傾向にあります。もし、あなたが今、プロジェクトの進行を阻む何かに悩んでいるなら、ぜひ気になった本を手にとってみてください。「これ、ちょっと試してみようかな?」と思えるヒントが見つかれば、それはプロジェクトを前に進める小さな一歩です😊

    プロジェクトマネジメントの基本を押さえる・ふりかえる

    子ども向けの書籍なのでわかりやすい。新卒の方にも

    『10歳からのプロジェクトマネジメント』
    伊藤 大輔 著(くもん出版)



    [メンバーのコメント]
    子ども向(xiang)けプロマネ講座をつくる際(ji)に参(can)考にしています。噛み砕いて分(fen)かりやすく説明されているので、新卒の方(fang)などによいと思います。

    難しい言葉ナシ!物語でプロジェクトマネジメントの流れを知る

    『童(tong)話でわかるプロジェクトマネジメント』
    飯田 剛弘 著(秀和システム)


    [メンバーのコメント]
    プロジェクトマネジメントの一連(lian)の流れを知ることができた本です。誰もが知っている物語で構成(cheng)されているので読みやすくてオススメです。言(yan)葉が難(nan)しくない!

    ストーリー形式で会議進行・ファシリテーションを学べる

    『世(shi)界で一番やさしい会議の教科書』
    榊巻 亮 著(日経BP)


    [メンバーのコメント]
    これからプロジェクトマネジメントを学(xue)(xue)びたいと思っている方に。読みやすく分かりやすいストーリーで会議(yi)進(jin)行・ファシリテーションを学(xue)(xue)べます。会議(yi)進(jin)行だけでなく、プロジェクトの推進(jin)にも役立つ内容です。

    チームマネジメントやチームでのリーダーのふるまい方を考えたい

    『新1分(fen)間リーダーシップ』
    ケン・ブランチャード、パトリシア・ジガーミ、ドリア・ジガーミ 著(ダイヤモンド社)


    [メンバーのコメント]
    すぐ読める入門書です。チームの共(gong)通言語をつくるときには、「この本で書かれていることを忘れていないか」の定点観測として再読しています。

    プロジェクトの進め方に悩んだとき

    最近のプロジェクトの進め方のヒントがいっぱい!

    『シェアド・リーダーシップ − チーム全員の影響(xiang)力が職場を強くする』
    石川 淳 著(中央経済社)


    [メンバーのコメント]
    問題に直(zhi)面したとき、チームや組織(zhi)の視点にプロジェクトを活用したいときに読み返しています。コパイロツトの実(shi)践から生まれた推進メソッド『Project Sprint』のスケールアップを考(kao)(kao)えたり組織(zhi)におけるプロジェクトマネジメントを考(kao)(kao)える際にも非常に影響を受けています。

    プロジェクト推進に通じるナレッジが詰まっています

    『プロジェクトを変える12の知恵 ケンブリッジ式ファシリテーション』
    影山 明 著(日経BP)


    [メンバーのコメント]
    問題に直面(mian)したときに再読しています。会議のファシリテーションのナレッジやプロジェクト推(tui)進(jin)に通じるナレッジがたくさん詰まった良書です。プロジェクトの進(jin)行を担っている方(fang)に。

    「最小限のコストで最大の効果」を考える

    『リーン顧客(ke)開発 ―「売れないリスク」を極小化する技術(shu)』
    シンディ・アルバレス 著(オライリージャパン)


    [メンバーのコメント]
    この実(shi)際の顧客開発の手法はもちろん、余計(ji)な手続(xu)きやコストを踏まず最小限のコストで最大(da)の効果(フィードバックを得る)というスタンスが非常に好きです。この書籍に限らず、LEANシリーズはどれも実(shi)践に有益(yi)なので、新(xin)しい視点を得たいと思うときに読み返しています。

    何を優先して、何の優先度を下げるのか

    『アジャイルサムライ − 達人開(kai)発者への道』
    ジョナサン・ラスマセン 著(オーム社)


    [メンバーのコメント]
    プロジェクトの目的(de)や特性を考(kao)(kao)慮して「品質」「コスト」「納期」「スコープ」の優先順位(wei)を決める「トレードオフスライダー」の考(kao)(kao)え方は、どんな時でも役に立ちます。問題に直(zhi)面したとき、そもそもの原点を確(que)認したいときにこの本を開きます。

    立ち止まってしまったとき・深掘りして考えたいたいとき

    他者と働くってどういうことだっけ?

    『意(yi)味と他(ta)者性』
    大澤 真幸 著(勁草書房)


    [メンバーのコメント]
    プロジェクト(他者(zhe)と働く)って何だっけと思(si)ったとき、世界の中にプロジェクトがあるのではなく、プロジェクトこそが世界であるという観点を得られました。知(zhi)識を深めるため、新(xin)しい視(shi)点を得るために読(du)(du)み返しますが、大澤(ze)真幸氏の語りが「芸人」的(de)(de)に面白(bai)いことも再(zai)読(du)(du)要因(yin)かもしれません。 自分ひとりでやった方(fang)が早(zao)いと思(si)う方(fang)、プロジェクトで窮屈な思(si)いをしている方(fang)、あるいは研究観点で、オートポイエーシス的(de)(de)な発想と分析哲学との橋渡し的(de)(de)な解(jie)説書を求めている方(fang)におすすめです。

    人への期待を具現化するための情報伝達:理解を交換するコミュニケーション

    『理(li)解の秘密 ― マジカル・インストラクション』
    リチャード・S・ワーマン 著(NTT出版)


    [メンバーのコメント]
    プロジェクトマネージャーの仕事の核(he)は「コミュニケーション」だと思(si)っています。いろいろな人や情報をうまく移動(dong)させて総(zong)合(he)・分解させていくことが重要ですが、そこでこの本の根幹に据えられている「インストラクション」という概(gai)念が有効な気がして、よく読んでいました。

    多様なメンバーの理解のために自分のバイアスを取り除く

    『働くことの人類学(xue)【活字版】 仕事と自由をめぐる8つの対話』
    松村圭一郎 + コクヨ野外学習センター 編(黒鳥社)


    [メンバーのコメント]
    チームメンバーの多様性を理解するために、新しい視点を得て自分のバイアスをブレイクしたいときに読みます。 スーパー中央集権的にプロジェクトマネジメントをしようとして悩んでるプロジェクトマネージャーに「チームにはいろんな人がいるし、あなたの枠では捉えられない人もいると思うよ。ポッドキャストもあるので聞いてみたら?」

    何かうまくいかないときに自分の「在り方」を内省する

    『生き方:人間として一番大切なこと』
    稲盛 和夫 著(サンマーク出版)


    [メンバーのコメント]
    なんとなーく上手(shou)くいかない状況が続(xu)いたとき、「在(zai)り方(fang)(fang)」を内(nei)省するために手(shou)にとる本(ben)です。何か自(zi)分の思(si)うとおりに行かない、期待した結果(guo)が得(de)られていない(=上手(shou)くいかない)ときに、何をどう変えたらいいかのポイントは、自(zi)分(の在(zai)り方(fang)(fang)、考え方(fang)(fang))にあるのだと思(si)います。物事の捉(zhuo)え方(fang)(fang)を「前進(jin)する」捉(zhuo)え方(fang)(fang)に変えるきっかけを得(de)られます。 あまりにも有名な本(ben)なのでおすすめするのも...と思(si)いつつ、最も繰り返して読む本(ben)です。

    番外編:座右の動画

    書(shu)籍じゃないけど、これいいよ!というおすすめ動画情報(bao)もシェアしてくれたので、こちらもどうぞ!

    ビギナーから資格取得まで、充実コンテンツ

    『I LOVE PM / プロジェクトマネジメント専(zhuan)門(men)チャンネル / イトーダ』

    [メンバーのコメント]
    時(shi)間(jian)があるときに見ています。変更管理など実体(ti)験と教科書的な進(jin)め方とを照(zhao)らし合わせて体(ti)系化できる点が良いです。

    フレームワークのパワーを感じる!

    『ポプテピピック』(アニメ)

    [メンバーのコメント]
    ものづくりの力を感じたい時に見ます。プロジェクト推進のフレームワーク(制約)がどのようにチームやプログレスに影響を及ぼすかを考える材料になっています。

    1. 低予算という制約を乗り切るアイデアをフレームワークで解決している(30分の番組を同じコンテンツで声優を変える)
    2. 原作をそのフレームワークがあることにより新しいものとして生まれ変わっている
    3. 連続で毎週放送されるテレビ番組のイテレーションの効果

    ポプテピのノリがわかりそうな人に「フレームワークのパワー感じるよね!」と伝えたい!

    カジュアルだけど要点を押さえていてわかりやすい!

    『【超入(ru)門(men)】プロジェクトマネジメント』

    [メンバーのコメント]
    これくらいわかりやすく説明できるといいな!

    ・・・

    他にもまだまだあったのですが、それはまたの機会にご紹介しますね!
    ちなみに、最近社内で熱く会話された書籍は...この本です!

    「理論的・実践的な理解につながる知識=ナレッジ」の活用

    コパイロツトでは、研修(xiu)や支援先との雑談などで参考(kao)書籍を紹介(jie)することもあります。社内でも書籍のまとめスライドがあったり、参加した研修(xiu)や講座のまとめを作(zuo)成してシェアしたりと、理(li)論的(de)(de)・実(shi)践的(de)(de)な理(li)解につながる知識(shi)=ナレッジの活用を日々探求しています。

    最近では「プロジェクトマネジメントについて改めて学びたい」「会議のファシリテーション方法を教えてほしい」など、研修のご依頼も増えています。
    プロジェクト推進(jin)に関する幅(fu)広(guang)いお悩み・課題をお持ちの方は、お気軽にお問(wen)い合わせフォームよりご相談(tan)ください 😊

    プロジェクトを進(jin)める仕組(zu)みや環(huan)境そのものの最適化に取り組(zu)む「研(yan)修(xiu)プログラム」 nirjadesai.com

    プロジェクト推進支(zhi)援の現(xian)場や学術研究から得(de)たプロジェクトマネジメントの最新ナレッジ・方法論などの限定書(shu)き下ろしコンテンツをNewsletterで配(pei)信しています。

    • Newsletterのご登録は

    コパイロツトは、課題整理や戦(zhan)略立案から参(can)画し、プロジェクトの推進(jin)支援をいたします。お気軽にお問(wen)い合わせください!

    TOP