ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    プロジェクトは、「苦しい」から「楽しい」へ[エスケイワード×コパイロツト共同開催イベントレポート]

    2023年11月10日(金)にリアルイベント『プロジェクトは、「苦しい」から「楽(le)しい」へ』を株(zhu)式(shi)会社エスケイワード、株(zhu)式(shi)会社コパイロツトの2社で共同開(kai)催しました。

    ここでは登壇(tan)者(zhe)や参加者(zhe)の声、エスケイワードさんへの支援内容などを交えながら、当日のイベントの様子(zi)をダイジェストでお伝えします。

    なお、エスケイワードさんのレポートにイベントの詳(xiang)細(xi)が掲(jie)載されていますので、合わせてお読みください。

    イベントの目的

    本イベントは、エスケイワードさんがこれまで取り組んできた活動(dong)内容を現(xian)場(chang)のリアルな声とともに振(zhen)り返り、来場(chang)者(zhe)のみなさんが自(zi)身(shen)のプロジェクトの課題解決のヒントを得ることで、「プロジェクトが楽(le)しい」と思う仲間になってほしいという想いを込めて開(kai)催されました。

    コパイロツトは2023年(nian)2月からエスケイワードさんの新(xin)しいプロジェクト推(tui)進(jin)(jin)プロセスの構築(zhu)を二人三脚で進(jin)(jin)めており、本イベントには共(gong)同開催者として企画や構成段階(jie)から参加しました。

    イベント当日、コパイロツトからは共同創業者の定金、八木、斎藤(teng)の3名が参(can)加し、プロジェクト推(tui)進に悩(nao)みを持つプロジェクトマネージャーやディレクターの方々と意見交換を行いました。

    プロジェクトの「苦しい」を変える、新しいプロセスの導入

    「わからないことがあるけど言いづらい」
    「会議で決まらない」
    「PMやディレクターが頑張って統率しないとメンバーがなかなか動かない」

    イベントの冒頭から、参加者の皆さんからはプロジェクト推進にかかわる様々な課題が付箋(jian)に書き出(chu)され、活発な議論が展開されました。

    「複雑化する現代のプロジェクトをどう進めたらいいのか」という課題に、多くの人が悩み、課題を抱えていることが見て取れます。そんな中で、エスケイワードさんは一つの 答えを提示しました。それは「プロジェクトを関わるメンバー全員で進めていくプロセスに変える」というアプローチでした。

    「プロジェクトを山(shan)登りに例(li)えて、ゴールまでの地図をメンバー全員(yuan)で描(miao)くイメージです。プロジェクトメンバー全員(yuan)で同じ目的を共有し、協力しながら進(jin)めていくプロセスに変えることで、不確実性が高(gao)くなってきたプロジェクトの推進(jin)に価値を生み出せるようになるかもしれない。そう考えたのです」(PMOチーム佐藤さん)

    会(hui)社としてプロセス改善に取り組むことが決(jue)定し、入(ru)念(nian)な準備期間(jian)を経て、現(xian)場に新しいプロセスを導入(ru)すると、プロジェクトの中に変化が現(xian)れます。

    社内からの変化の声

    ある若(ruo)手ディレクターの方は、プロジェクトの中(zhong)で起きた変化をこう話しています。

    「それまではプロジェクトのタスクをディレクターである自分が判(pan)断して、指(zhi)示(shi)をして進めないといけないというプレッシャーを感じていました。それが、プロジェクトの中でそれぞれの職種の方の判(pan)断から案が出るようになりました」

    黙々と作業することが多く、孤(gu)立感(gan)を感(gan)じていたデザイナーの方の気持ちにも変化が起きました。

    「ある採用サイト構築(zhu)のプロジェクトで新プロセスが導入されました。そこでは、あいまいになりがちだった対(dui)応や相談(tan)を気軽にできるようになり、話し合いの場(chang)が増え、自分の対(dui)応が楽になったと感(gan)じました」

    一(yi)人のエンジニアの方は、プロジェクトに一(yi)体感(gan)と達(da)成(cheng)(cheng)感(gan)を感(gan)じたと語っていました。コパイロツト八木から「プロジェクトの達(da)成(cheng)(cheng)感(gan)って、そんな急に上がりますか?」と質(zhi)問したところ、「新(xin)プロセスでは、やることが増えたので時間が濃密になりました。毎日の仕(shi)事(shi)に達(da)成(cheng)(cheng)感(gan)を感(gan)じるようになったんです」と答えていました。

    若手メンバーと議論するコパイロツト八木(左端)

    コパイロツト独自の推進メソッドを提供し、新プロセス構築を支援

    エスケイワードさんの新プロセス構築を支(zhi)援するにあたって、コパイロツトは自社(she)の実践から生まれたプロジェクト推進メソッドである「」を提(ti)供しました。

    エスケイワードさんは新(xin)プロセスを構築(zhu)・主導していく「PMOチーム」を社内に発足させ、コパイロツトはPMOチームに対(dui)して、Project Sprintをベースとしたプロジェクト推進に必要な様々な情報、チーム内の認識を合わせる手法、コパイロットが開発したなども併せて提供し、半年以上をかけて伴走支援。

    コパイロツトは、PMOチームが主体的に自社が抱える課題に取り組めるように支援することを基本(ben)姿勢として、「新プロセス構築プロジェクト」の推進を通して、PMOチームが「新プロセスを体験(yan)する」ことを目指しました。

    プロジェクトスプリントを紹介するコパイロツト斎藤

    イベント中、PMOチームの山口さんと佐(zuo)藤(teng)さんとコパイロツトのメンバーで、活動開始当初について不安や期待について振り返りました。

    「はじめは、プロジェクトに対して、何(he)を目的にするのかや、どういう成果物が出てくるかがわからず戸惑いました。しばらくはふわふわした状態で、これでゴールにたどり着くのかという不安がありましたね。」(PMOチーム山口さん)

    「自分はウォーターフォール型の進(jin)め方に慣れていたので、『まずは漠然とでも目的や成果(guo)物を決めて、あとは実践してみよう』となったときは『本当にできるのか?』と。プロジェクトを進(jin)める中で、実践して検証して改善するというサイクルに戸惑いもありましたが、そこも身を任せながらやっていました。」(PMOチーム佐藤(teng)さん)

    コパイロツトとしては、基本(ben)的にPMOチームの皆さんが納得する方法で、チューニングしながら進めていく形を考えていました。コパイロツト八木から「どの辺から楽しいと感(gan)じましたか?」と質問したところ、こんな答(da)えが。

    「最初(chu)はコパイロツトさんから刺激を受けられることが楽(le)しかったです。自分の成長とチームの成長に繋がっている気もしましたし。そこから、次(ci)第にプロジェクトを整理・視覚化(hua)していくところで、自分が役に立てたと思(si)ったところで楽(le)しさを実感しました。」(PMOチーム山(shan)口さん)

    「プロセスの中に“楽しさ”の概念(nian)を定(ding)義した方がいい、という考えが出てきた頃(qing)から一体感(gan)が出てきた。そこから新プロセスの資(zi)料に落とし込みが始(shi)まったんです。」(PMOチーム佐藤さん) 

    「資(zi)料という成(cheng)果物(wu)ができて、PMOチームの認識(shi)の輪(lun)が重(zhong)なった気がしました。ようやく自分(fen)たちのやりたいことが目(mu)に見(jian)えるようになって、そこからメンバーの動きが揃いだしたんです。」(PMOチーム山口さん)

    エスケイワードさんの新プロセスは、PMOチームの中での様(yang)々な試行錯(cuo)誤を経て生(sheng)まれた「楽(le)しさ」という共通目標(biao)を見(jian)出したことで、前(qian)進するキッカケを掴(guai)みました。前(qian)述の若(ruo)手メンバーが言うように、その導(dao)入効(xiao)果は確実に表れており、これまでの活動を総括した本(ben)イベントを一つの区切りとしつつ、今(jin)後はさらなる社内浸透とプロセス改善の仕組み化に取(qu)り組んでいきます。

    コパイロツトは、今後もエスケイワードさんの支援に携わりながら、このイベントのようなプロジェクト推進の課(ke)題解決につながる活動をエスケイワードさんと継続していきたいと考(kao)えています。

    プロジェクト推進に関するお悩み・課題(ti)をお持(chi)ちの方は、お気軽によりご相談ください。

    コパイロツトは、課(ke)題整理や戦略(lve)立案から参(can)画し、プロジェクトの推進(jin)支援(yuan)をいたします。お気軽にお問い合(he)わせください!

    TOP