ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    これからの「プロジェクトの進め方」とは何か?[オンラインイベントレポート]

    2021年(nian)6月11日(金)、黒鳥(niao)社のコンテンツディレクター 若林恵さんをゲストにお迎えして、「これからの『プロジェクトの進め方(fang)』とは何か?」と題したトークイベントを開催しました。

    「プロジェクト」と呼ばれるものは業(ye)界の成長(chang)・技術(shu)革新・人々の生活や意識の変(bian)化(hua)などで常に多様化(hua)しています。これからプロジェクトに携わるとき、私たちは何を考(kao)え、どのように行(xing)動したら良いのでしょうか。

    今(jin)回は、書籍(ji)や雑誌製作(zuo)をはじめさまざまなプロジェクトを手(shou)掛ける若(ruo)林さんと、コパイロツト共同創業者の定金が、プロジェクト推(tui)進について語り合いました。


    トークゲスト 若林恵(わかばやし・けい)氏
    /コンテンツディレクター
    平凡社『月刊太陽』編集部を経て2000年にフリー編集者として独立。以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社設立。著書『]』(黒鳥社・2020年12月刊行)、『』(岩波書店・2018年4月刊行)、責任編集『』。「]」「」「]」「」などのポッドキャストの企画制作でも知られる。

    モデレーター 定金基(さだかね・もとい)
    共同創業者/エグゼクティブプロジェクトマネージャー
    プロジェクトオーナーサイドに立ち、外部パートナーとしてプロジェクトマネジメントのサポートを行う。Project Based Working 社会に向けて、プロジェクトマネジメントを常にアップデートしつづける構造を構築中。MITテクノロジーレビュー日本語版のエグゼクティブプロデューサーを務めるなど、様々な共同プロジェクトへパートナーとしても参画。


    これからの「プロジェクトの進め方」で重要な3つのポイント

    今回のトークセッションでは、哲(zhe)学から時事ネタ、実際のプロジェクト事例までさまざまな領域(yu)、トピックスに話題が広がりました。その中で、これからの「プロジェクトの進(jin)め方」を考えるにあたり、私たちが重要になっていくであろうと考える3つのポイントに着目してみました。

    1. 何かを作るためではなく、「何を作るか考える」ツールとしてのプロジェクト
    2. プロジェクトチームで「しっくりくる状態」をどう作るか
    3. 「何のためにやるか」目的の言語化と共有の重要性

    ポイント1:何かを作るためではなく、「何を作るか考える」ツールとしてのプロジェクト

    はじめに話題(ti)に上ったのは、黒鳥社(she)とコパイロツトが手掛ける主なプロジェクトの共(gong)通点について。両社(she)とも、明確な納品物が決まっているケースが少ないこと、また特定(ding)の定(ding)型化(hua)されたソリューションを持(chi)たないことが共(gong)通しているといえます。

    実際に、社(she)会環(huan)境の変化が年々加速している状況下(xia)で、「目的(de)(de)をどう設定すればいいか」「どのように進めるべきか」「具体(ti)的(de)(de)に何(he)を作るべきか」などの基本的(de)(de)な要件を、初期段(duan)階で明確にすることが難しいプロジェクトが増えているのも事実です。

    黒鳥社やコパイロツトは、そうしたプロジェクトに関わってどんな役割を果たしているのか。一例として若林さんが紹介してくれたのが、イギリス政府の中でデジタル政策を担っているGDS(UK Government Digital Service)1のケースです。


    GDSでは一つのプロジェクトにおいて「プロダクトを管(guan)轄するマネージャー」と「デリバリーを担うマネージャー」、それぞれの役割を担う管(guan)理者(zhe)を両方置いているそうです。

    デリバリーを担うマネージャーの仕(shi)事は、プロジェクトが設定した目(mu)的(de)から外れないようにすること、プロジェクトを推進するために必要な人員構成や会議形態を考えること、実(shi)際の進捗(bu)管理(li)をどのように行うか決めることなど。

    これらは、私たちがクライアントのプロジェクトチームに参加したときに果たしている役割に非常に近しいものです。

    さらに若林(lin)さんは、いま、「プロジェクト」のそもそもの役割が変わってきていることを指摘されました。

    • これまでは何か作るものが明確に決まった後、それを計画通りに実施するために必要なのが「プロジェクト」だった
    • 現在は実際に手を動かしてみないと、「何を作るべきか」「何から着手すべきか」を簡単に見出せない。だからといって「もっと考えろ」ではものごとが何も進まない
    • それを解決するための一つのツールが「プロジェクト」であり、プロジェクトを立ち上げることがスタート地点になっていくのではないか

    つまり、これまで「何かを作るため」に実施(shi)されていたプロジェクトが、「何を作るか考える」役割や機能(neng)を持つようになっているということです。

    ポイント2:プロジェクトチーム内で「しっくりくる状態」をどう作るか

    プロジェクトの役割・機能が複(fu)層的になる中で、マネジメントすべき対象(xiang)も変(bian)化しています。計画(hua)から逆算したタスクや個人の行動を管理するのではなく、プロジェクトを推進しやすい環境や、チームの構(gou)築へ。重視したい項目(mu)が変(bian)わりつつあります。

    このトピックに関連して、プロジェクトチームの中でどのように「しっくりくる状(zhuang)態をつくるか」という話が挙がりました。

    例えば書籍や雑誌(zhi)をつくるとき、若林さんご自身も「正解(jie)がわからない」「明快な答(da)えはもっていない」ことが多いそう。しかしチームメンバーのアウトプットを目にしたときに、「これではない(=しっくりこない)」と判断はできる、と。

    これは他(ta)の領域のプロジェクト推進(jin)(jin)でも同(tong)様だといえます。誰かが成功の秘訣を知(zhi)っているわけでもなければ、「こう進(jin)(jin)めればOK」というマニュアルがあるわけでもない。掲げた目(mu)的やマイルストーンを皆で確(que)認しながら、一(yi)つひとつのアウトプットや、チームのあり方が「しっくりくる状態」を目(mu)指(zhi)すことが、結果的に最適なルートへとつながるのでしょう。

    そうした状態をつくるために必要なこととして、若林さんは「お互い一定の解像度に達(da)しているかどうか」「一人ひとりが手近なところで妥(tuo)協せず、ちゃんと考え抜いてアウトプットしているか」という2点の要素をピックアップされていました。

    ちなみに「どうしても、チームがしっくりこない状態の場合どうしていますか?」という定金からの問いに対しては、「そのときは『やめようぜ』ってなるよ」と笑いながらも、次のように答えてくれています。

    • プロジェクトを進めていく中でどうしてもしっくりこない状態が続く場合は、「対象が合っていない」と考えてみる
    • 例えば、書籍を作ることになっていたとしても、イベントを企画した方がマッチするのではないかなど、アウトプットの対象を変えていく

    ポイント3:「何のためにやるか」目的の言語化と共有の重要性

    イベント後半では、黒鳥社が現在手掛(gua)けている新しい形のプロジェクトについて、具体的な事例を交えながらお話しいただきました。

    通常、書(shu)籍をつくる場合は編集者が中心となり、ライターや翻訳(yi)者、その他必要なクリエイターと製作を進めるのが一般的です。しかし若林さんが今進めているのは、20人もの翻訳(yi)者が集う参加(jia)型の書(shu)籍製作プロジェクトなのだとか。

    このプロジェクトを推進していくうえで、若林さんは次(ci)のことに気をつけているそうです。

    • (プロジェクトオーナーである)自分が出過ぎない
    • 参加者の求めることを、どうプロダクトに落としていくかを考える
    • 各自の作業が、どのように本になっていくのかを開示する

    特に3つ目(mu)に挙げられたポイントは、プロジェクト推進(jin)における目(mu)的やマイルストーンの設定(ding)、プロセスの共(gong)有に通(tong)じます。

    そして最後に、何かしらのアウトプット、成果物(wu)の完(wan)成がプロジェクトのゴールになっていることの危険性に話(hua)が及びました。

    書籍作(zuo)りであっても、他のプロジェクトであっても、重要(yao)なのは「何のためにやっているのか」「自(zi)分たちのプロジェクトがどういう意味を持(chi)つことなのか」を考(kao)え、明確(que)に言語化して共(gong)有すること。そしてチーム全員がその目(mu)的を理解・納(na)得した状態で、常に頭に置いておくこと。

    これからプロジェクト推(tui)進の手法(fa)がどんなに進化しても、その重要性(xing)は変わることがないでしょう。

    変化に適応しながらプロジェクトを推進するために

    トークの中でも繰(qiao)り返し二人(ren)が言及していたように、今の時代、先(xian)の変化を予(yu)測することが難しく、関わるメンバーも多様で内容が複雑なプロジェクトが増えています。

    環(huan)境の変化に柔軟に適応しながら、プロジェクトを推進(jin)していく。そんな役割(ge)を担うみなさんを少しでもサポートしたいと考え、コパイロツトでは定例ミーティングを効果的(de)に進(jin)行するためのクラウドサービス「SuperGoodMeetings」を開発し、6/1正(zheng)式(shi)にリリースいたしました。

    少人数でもお使いいただけますので、新しいプロジェクト推(tui)進の方(fang)法が必(bi)要だと感じていらっしゃる方(fang)は、ぜひ小さなプロジェクトからお試しください。



    「プロジェクト推進を考える会」とは?

    株式会社(she)コパイロツトは創(chuang)業以(yi)(yi)来「プロジェクト推(tui)進」に最大の関心を持ち、事業や独自の研究を続(xu)けています。これからさらに多(duo)様(yang)化(hua)/複(fu)雑化(hua)する社(she)会に向けて「プロジェクトを推(tui)進させる」という考え方(fang)とスキルは重(zhong)要になっていくと考えています。そこで、本勉(mian)強(qiang)会では有(you)識者の方(fang)との対話を通して以(yi)(yi)下(xia)の実(shi)現を目(mu)標(biao)としています。

    • 「プロジェクト」という概念を広く捉えて、時代に合わせた意味付けをする。
    • 「プロジェクトを推進させる」という考え方を定着させて、できる人を増やす。



    • このレポートは2021年7月27日にに掲載したものです。
    • 本イベントは、プロジェクト推進をサポートするクラウドサービス「」の正式リリースを記念して開催しました。

    1. イギリスで2010年に発足した新内閣が、デジタル政策を推進するために設立した機関。十数名のチームのうち、半数は民間から選ばれたITやテクノロジーの専門家が参加。わずか2年の間に、25の行政サービスのオンライン化を成功させた。

    コパイロツトは、課題整(zheng)理(li)や戦略立(li)案から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP