ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    【コパイロツトメンバーの My ルーティン】M.Sさん編:業務も、子育ても、家事も。隙間時間を有効活用しています

    こんにちは、三(san)浦です。

    コパイロツトでは2022年(nian)12月から、メンバー同士でメンタリングを行う「MyPilot制(zhi)度」がはじまりました(制(zhi)度の詳細は以下(xia)の記事を参照(zhao)いただけたらと思(si)います)。

    nirjadesai.com

    その制(zhi)度の中(zhong)で、わたしはメンターになってくれたメンバーの、1日の過(guo)ごし方のルーティンや、業(ye)務に対する所感を聞いてみることをはじめました。

    初(chu)回(hui)は、わたしの常日頃(qing)のテーマである「仕事と家(jia)庭の両立(li)」について、ご家(jia)庭で積極的(de)に子育てや家(jia)事に参加(jia)しているM.Sさんに両立(li)のコツを聞いてみることにしました。

    M.Sさんの紹介

    2021年入社のM.Sさん。

    営業、プロデューサーとしての経験を活かし、お客様に伴走しながらプロジェクト成功に向けたサポートを行っています。
    共働きの奥様と小学生の娘さんとの3人暮らし!
    お子さまの自(zi)閉スペクトラム症(ASD)と向き合いながら、仕事(shi)と家事(shi)・育児との両立(li)も大きなテーマとして日々奮闘中です。

    仕事で大切にしている3つのポイント

    ―― まずは、仕事に取り組む中でM.Sさんが、大切にしていることを聞かせてください。

    • 自身の成長
      • 常に謙虚に新しいことに取り組みたい
      • 仕事を通して人間的・スキル的にも常に成長していきたい
    • やりがい
      • 興味ややりがいを大切にしたい
    • 社会貢献(社会課題の解消)
      • 社会課題の解消や貢献に繋がる仕事がしたい

    仕事の一日のルーティン:家事と育児、そして会議中心の業務を行う1日のルーティン

    ―― お仕事がある日の1日の流れを聞かせてください。

    リモートワーク中心の仕(shi)事の傍らで、家事と育児(er)をこなせるよう、隙間(jian)時間(jian)を有効的に活(huo)用しています。

    日中は会議中心。資料作成は朝早くか夜の時間にやることが多いとのこと

    夕方から家事(shi)と育児で少し抜ける時間があるため早朝と夜の時間を活用しています。

    日中は会(hui)議(yi)が入ることが多いので、朝晩の作業時間は集(ji)中して作業をしたりインプットをする時間に費やすことが多いです。

    インプットでは、本を読むだけではなく他者の意見を受け入れたうえで、自身の考えをしっかりと主張できるように、思(si)考を深(shen)めるトレーニングなども取(qu)り入れていきたいと思(si)っています。

    会議中心の業務で大切にしていること

    会(hui)議中心の業務(wu)の中で特に意識していることは、その場での”盛り上(shang)がり”です。

    時に、会議の目的や想定アジェンダと違う方向(xiang)に進んでしまったとしても、今まで会話に入ってこなかったメンバーや部署間の垣根を超えて会話が弾んだ場合は、敢(gan)えてその空気感(gan)を大切にして、区(qu)切らずにそこから得られる課題感(gan)や、今後(hou)プラス要素に発展しそうな空気感(gan)を残すことに重きを置きます。

    現在、担当している業務ではこのような会(hui)議(yi)設計(ji)が有効な時(shi)期のため、1回の会(hui)議(yi)時(shi)間(jian)をはじめから長めに確保(bao)するようにしています。また、想定外の課題が検知された会(hui)議(yi)の後は、通常のTODO整理に加えて、その新しい課題に対する進め方を検討するタスクも発生します。

    課(ke)題の中には、なにをすべきかがそもそも分(fen)からない場合(he)も多いため、そのような課(ke)題をクライアントの現(xian)場メンバーと検(jian)討する前に、クライアントの上長とまずは方向性を検(jian)討する分(fen)科会を設定したり、議論を進めやすくするための資料作成など細かい作業が山積みです。

    私たちが日々サポートさせていただいているプロジェクトは、成果(guo)物がこれと決まっているケースだけではなく、抽象を具体化していくような作業の積み重ねにより実現されるプロジェクトも多いです。

    最終的には、クライアント内(nei)部で自(zi)走できるようにサポートすることが私たちの目指すべきところだったりもするので、要(yao)所(suo)要(yao)所(suo)でクライアントからの発言を待つために沈黙に耐えるような場面(mian)もあります。

    クライアントの今の状(zhuang)態に応じて、カメレオンのように臨機(ji)応変に対応することが必要だと考え、様々な課題にクライアントと一緒に向き合っています。

    M.Sさんのルーティンのポイント

    • 日々のスケジュール管理は、手帳派!
      • 30分刻みのToDoリストを手書きの手帳に作成している
        • 人の集中力は25分くらいしか続かないという考えから、なるべくひとつのタスクを30分程度に区切ってスケジュールを管理する
    • “家事や育児 = 休憩” ではない!
      • 家事や育児にもある程度の緊張感を持つようにしている
        • 家事や育児をOFFとして仕事モードから切り替えてしまうと気が抜けてしまい失敗をしてしまうことがある

    今後の目標

    ――コパイロツトに入社してもうすぐ丸2年になりますよね。コパイロツトでの業務はどうでしょう?

    前(qian)職では、営業(ye)や組織マネジメント業(ye)務に携(xie)わり、しばらく現(xian)場でプロジェクトを回す業(ye)務からは離(li)れていました。

    コパイロツトに転職して、今また現場のプロジェクト業務に携わるようになり、クライアントと直(zhi)接係わる仕事にやりがいを感じています。

    前職までは、Webサイトという明(ming)確な成(cheng)(cheng)果(guo)物(wu)ありきのウォーターフォール型のプロジェクトばかりでしたが、成(cheng)(cheng)果(guo)物(wu)がなく先の見えないプロジェクトマネジメント業務に面(mian)白さを感じています。

    これまでの自身(shen)の知見を整理(li)して使える部分は存分に利用し、これまで自身(shen)では取り組んでこなかったプロジェクト推進をコパイロツトで新たに学びながら、その両軸を整理(li)し明文(wen)化(hua)してナレッジとして残していきたいと考えています。

    ――最後に、今後の目標は何でしょうか?

    • コパイロツトの業務理解をもう一歩深めて自身の1UPを図りたい
      • 業務を一通り理解してこなせるようになったので、今度はこれを外向けに発信できるようになりたい
    • 障害者の”生きにくさ”を解消する取り組みをライフワークにしたい
      • 自身が日々感じている課題感を少しでも解消する取り組みがしたいという想いから、知的障害者の雇用の幅を広げる活動をしていきたい

    今(jin)は、まだまだ目の前にあるタスクをこなすことに追われながらも充実(shi)した日々を過ごしています。

    コパイロツトでの業務経(jing)験から自(zi)身の仕事の効率化を図(tu)り、自(zi)身が学んできたナレッジを体(ti)系(xi)化していく時間を作りたいと思っています。

    さらに、自(zi)分から仕事を作(zuo)り出していく活動(dong)へも拡大していきたいです。

    そして、ライフワークとしていきたい「障害者の”生きにくさ”を解消する取り組(zu)み」についても少しずつ費やす時間(jian)を広げていきたいです。

    今動いている活動と合わせて団体活動や交流会への参加などを模索中です。

    試行錯誤を繰り返しながら、自(zi)由な働き方の選(xuan)択ができることもコパイロツトの魅力(li)の一つだと思(si)います。

    おわりに

    今回(hui)、M.Sさんにお話しをお伺いして、普段どういったことを想(xiang)い・考えながら仕事と向(xiang)き合(he)っているのかをより深く知(zhi)ることができました。

    特に、ご自身の成長や社会貢献に繋がる活動に積極的なところに感(gan)銘を受けました。

    みんな様々な事情や環境下で創意工(gong)夫(fu)しながら、自(zi)分なりのペースをつくって仕事に取(qu)り組んでいて、その工(gong)夫(fu)や取(qu)り組み方にそれぞれ特徴が出ていて面白そうだなと感じています。

    次回の「MyPilot制度」では、また別のメンバーから興味深いお話しが聞けるのではと期待しています。

    執筆者 三浦 祐子(みうら・ゆうこ)
    DX推進における部門横断プロジェクト支援や業務支援、Webサイト制作のプロジェクトマネジメントなど幅広く担当しています。 円滑なプロジェクト推進のためにクライアントに寄り添い、最適なチーム構築や目標達成のためプロセスを明確にし、具体のアクションに落とし込んでいくという基本を大切にプロジェクトマネジメントに尽力したいです。

    コパイロツトは、課題(ti)整理や戦(zhan)略立案(an)から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気(qi)軽にお問い合わせください!

    TOP