ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    「会社本」という羅針盤──本を活用したオンボーディングと、その成果

    新たに一緒に働(dong)(dong)くことになったメンバーに対(dui)し、会社のカルチャーを知ってもらうため、必要な知識や技術(shu)を身(shen)につけてもらうため、より働(dong)(dong)きやすい環境を作るため……。そのような目的(de)のもと、各(ge)社さまざまなオンボーディング施策に取り組んでいるかと思(si)います。

    コパイロツトでは、オンボーディングの一(yi)環(huan)として「会社本(ben)」という取り組みを行っています。「会社としてメンバーに知(zhi)っておいてほしいこと」が書かれている本(ben)を、入(ru)社が決まったメンバーに渡し、読んでもらうものです。

    この制度の背景や、実際に「会(hui)社本」を読んだ感想を聞き、Wantedlyで記事にしました。

    「会社本」という羅針盤――本を活用したオンボーディング

    共同創業者の定金(jin)による、個人的な配布から始まった「会社(she)本」制度。その目的や、実(shi)際の本のラインナップを紹(shao)介しているのがこちらの記事です。

    効果はあった?「会社本」の感想を新メンバーに聞いてみた

    こちらは、2022年4月にコパイロツトに加わったメンバーに、「会(hui)社本」に取り組んだ感(gan)(gan)想をインタビューした記事です。「前職(zhi)での働き方とギャップがあるのではと不安を感(gan)(gan)じていたからこそ、読めてよかった」とのこと。仕事をする中で「会(hui)社本」が役立った場面についても聞(wen)きました。

    2023年3月現在の「会社本」

    こまめに選び直される、コパイロツトの「会社本」。2023年3月(yue)現在は、以下の本が選ばれています。コパイロツトや、みんなで進めるプロジェクト推進に関心(xin)のある方は、チェックしてみてください。

    組織理解:コパイロツトの考え方・価値観の理解につながるもの

    • 『』
    • 『]』
    • 『』

    業務理解:コパイロツトでプロジェクトマネジメントを行う上で、理解しておくとよいこと

    • 『』
    • 『』
    • 『』
    • 『』

    コパイロツトは、課(ke)題(ti)整理(li)や戦略立案から参画し、プロジェクトの推進(jin)支援をいたします。お気(qi)軽にお問い合わせください!

    TOP