ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    「働く時間は自分で決める」メンバーの稼働時間について、コパイロツトの考え方と具体的な管理方法

    コパイロツトではメンバーが自(zi)(zi)律的(de)に働(dong)ける環境を整えるため、さまざまな試(shi)行錯誤を行っています。現在は、メンバーそれぞれが自(zi)(zi)身の働(dong)く時間(jian)を自(zi)(zi)己決定(ding)するしくみを取り入れ、実践しています。今回はこの取り組(zu)みについてご紹介し、組(zu)織(zhi)としてどのような考えのもと、メンバーの稼働(dong)時間(jian)をマネジメントしているのかをお伝(yun)えします。

    基本姿勢:メンバーが自律的に活動できる環境をつくる

    私(si)たちはもともと、「仕事に充(chong)てる時間(jian)は個(ge)人で決め、自己申告したほうがいいのではないか」という考えをもっていました。働(dong)き方は、そもそも十(shi)(shi)人十(shi)(shi)色であってよいはず——別の活動や学業と並行して働(dong)きたい人もいれば、子(zi)育てと仕事を両立したい人もいるでしょう。

    一人ひとりのメンバーが、自(zi)分の意思で働き方を決(jue)めて、自(zi)律(lv)的な活動ができる環境を整えること。それが組織としての基本(ben)姿(zi)勢となっています。

    ちなみに稼(jia)働時(shi)(shi)間(jian)のマネジメントを本格(ge)的に開始したのは、気(qi)づくとがんばりすぎてしまい、結果的に長(chang)時(shi)(shi)間(jian)労働をしてしまうメンバーが出てきてしまったためでした。以来、コパイロツトではメンバーによる稼(jia)働時(shi)(shi)間(jian)の自己申告と、全員の働く時(shi)(shi)間(jian)の可視化を行っています。

    どのようにメンバーの「働く時間」をマネジメントしているか?

    具体(ti)的にどのようなマネジメントをしているのか。ここでは「稼働時(shi)間(jian)を自己申告」、「働く時(shi)間(jian)を可視化(hua)」の方法についてご説(shuo)明します。

    ①稼働時間を自己申告

    そもそも、メンバーと会社との間(jian)(jian)で契約している稼(jia)働(dong)時間(jian)(jian)はそれぞれ異なります。そのうえで、基本の稼(jia)働(dong)時間(jian)(jian)8時間(jian)(jian)/日の中で、担当(dang)案件(jian)に割り当(dang)てる時間(jian)(jian)の割合(he)(稼(jia)働(dong)率)を自己申告(gao)する形式(shi)で運用しています。個人の稼(jia)働(dong)可(ke)能時間(jian)(jian)を100%とし、80%程度を案件(jian)に、残(can)りの稼(jia)働(dong)は「会社を良くするための活動」に充(chong)てることを推奨(jiang)しています。

    ②働く時間を可視化

    週に一度の全(quan)体ミーティングで、メンバーそれぞれの稼働(dong)状(zhuang)(zhuang)況を共有する時間(jian)を設けています。そこで各個人の働(dong)く時間(jian)を可視化することで個々の状(zhuang)(zhuang)況を全(quan)員が認識し、働(dong)きすぎを防ぐと同時に、新たなプロジェクトへのアサインなどにも活用しています。

    参考)「個人方針」にも注目してアサインを決める、コパイロツトのチーミング

    事例:実際に働くメンバーはどうしているのか?

    現在(2022年12月時点)、それぞれのメンバーが自分自身の稼(jia)働時間をどのように割り振っているのか、具体的な例をご紹介します。各メンバーはこの稼(jia)働の割合を、状況(kuang)の変化に合わせて毎週アップデートし、全員(yuan)に共(gong)有(you)しています。

    ケース①:フルコミット(週5日稼働)メンバーの場合

    担当する業務内容やそれぞれの役割(ロール)によって、稼働時間の割り振りが異なっています。今回の例では社内連携業務が「会社を良くするための活動」に該当します。

    ●クライアントワーク(コミュニティ・マネジメント)メインの稼働例

    • クライアントワーク 55%
    • 自社サービス開発 25%
    • 社内業務設計 20%



    ●クライアントワーク(プロジェクトマネジメント)+複数の社内連携業務の稼働例

    • クライアントワークA 20%
    • クライアントワークB 55%
    • 自社サービス開発 5%
    • 社内連携業務 10%
    • 新規案件関連業務 10%



    ●クライアントワーク(プロジェクトマネジメント)+社外活動の稼働例

    • クライアントワークA 55%
    • クライアントワークB 40%
    • 社内連携業務 5%

    ※社外活動は稼働時間外で行っている



    ケース②:フルコミット以外(週5日以下の稼働)のメンバーの場合

    子育(yu)てや他の活動との両立で稼(jia)働(dong)時(shi)(shi)間(jian)が少ないメンバーも、同じく自分自身の稼(jia)働(dong)時(shi)(shi)間(jian)を割り振って活動しています。例(li)えばあるメンバーは、フルコミットの稼(jia)働(dong)時(shi)(shi)間(jian)を100%と考(kao)えたとき、稼(jia)働(dong)時(shi)(shi)間(jian)がその80%ほどになると考(kao)えて申告しています。

    ●時短でクライアントワーク(プロジェクトマネジメント)を行う稼働例

    • クライアントワーク 70%
    • その他の業務、活動 10%

    参考)

    【メンバーからのコメント】

    • 個(ge)人(ren)個(ge)人(ren)の事情(qing)や状況に合わせて働(dong)き方(fang)(時間や場(chang)所)を柔軟に選(xuan)択できるということは、私の中でとても大事なことです。(クライアントワークメインのメンバー)

    • 稼働(dong)時間を設定をして「それだけやっていればよい」ではなく、積極的に新規(gui)案件獲(huo)得に動いたり、周(zhou)りを助けたりしながら、効(xiao)率よくかつ成果に繋げられるよう業務に取り組んでいます。(複数(shu)の社内(nei)連携を行っているメンバー)

    • 稼働時(shi)間を自分で設定できるのはメリットでもあり、稼働時(shi)間通りに業務をこなす難しさも感じています。その分、業務量や効(xiao)率をより意(yi)識するようになりました。(社外活動を行(xing)っているメンバー)

    • 個人で稼働時間の設定が異なるのがコパイロツトの面白いところでもあり、自分の意思や責任が求(qiu)められるシビアな一面でもあると感じます。(時短勤務のメンバー)

    「働き方を自己決定する」自由と、それを全うする責任は表裏一体

    今回は、コパイロツトがどのような考(kao)え方(fang)(fang)のもと、メンバーの稼働時間、働き方(fang)(fang)をマネジメントしているかをご紹介(jie)しました。ただメンバーからのコメントにもあったように、働き方(fang)(fang)や時間の使い方(fang)(fang)を自分で決められる環境だからといって、単(dan)純に「自分のわがままが通る」「好きなように働ける」わけではありません。

    自(zi)由(you)であるからこそ、個々の明(ming)確な意(yi)思表示と自(zi)律的な行(xing)動が求(qiu)められ、自(zi)分(fen)が担う役(yi)割を全うする責任(ren)が生じます。コパイロツトでは今後も引(yin)き続き、メンバーが自(zi)律的に働(dong)ける環境を整えることに注力し、その方法(fa)をアップデートしていこうと考えています。

    コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトの推(tui)進支援をいたします。お気軽にお問い合(he)わせください!

    TOP