ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    「個人方針」にも注目してアサインを決める、コパイロツトのチーミング

    コパイロツトでは、の「働き方について」にもあるように、関わるプロジェクトを決める際には「個人のできること、やりたいこと、興味のある分野などを加味して相談のうえ決定(ding)」しています。

    プロジェクトごとのメンバーの決め方(fang)は、採用(yong)面談でもよく聞(wen)かれる質問(wen)の1つ。今(jin)回は、さまざまな企業・団体のプロジェクト推(tui)進(jin)支援を請(qing)け負う際(ji)に、メンバーの希望を尊重しながら、どのようにプロジェクトへアサインしているかをご紹介します。

    コパイロツトは、メンバーの「個人方針」も重視

    アサインの具体的な流れの前に、まずメンバーの働(dong)き方について、コパイロツトが会社としてどんなことを考えているのかをお話(hua)します。​

    コパイロツトでは、一緒に働(dong)くメンバーの「個(ge)人方(fang)(fang)針」を重視しています。個(ge)人方(fang)(fang)針とは、個(ge)人としてやりたいことやありたい姿(zi)、今後進(jin)んでいきたいキャリアなどの方(fang)(fang)向性のことを指します。メンバーには、自分がやりたい仕事(shi)を全(quan)力で考(kao)(kao)え、実践しながら常(chang)に方(fang)(fang)針をアップデートしてほしいと考(kao)(kao)えています。

    個人(ren)方針を持(chi)ち、周囲(wei)に共有することには、例えば下記のようなメリットが考えられます。

    • プロジェクトそのものの目的に加え、個人方針のもと自分が取り組む意義や目的を考えることで、より多くの学びや発見を得やすくなる
    • プロジェクトベースの働き方では、自分なりの方針を持つことで、今後のキャリアが描きやすくなる
    • 方針を周囲に共有することで、希望するキャリアの構築につながるパートを担当しやすくなったり、強みや特性を活かせるプロジェクトに誘われやすくなる

    また、個(ge)人方(fang)(fang)針とは別(bie)に、会(hui)社(she)には会(hui)社(she)としての価値観や事(shi)業計画、経営方(fang)(fang)針などの「会(hui)社(she)方(fang)(fang)針」があります。少しずつ変わっていくコパイロツトの会(hui)社(she)方(fang)(fang)針と、それぞれの個(ge)人方(fang)(fang)針をすり合わせながら、自(zi)分がコパイロツトで働くことにどんな意義があるのか、メンバーにはぜひ言(yan)語化して共(gong)有してほしいと思っています。

    自分の課題意(yi)識を明確にし、個人方(fang)針(zhen)を考える補助となるよう、入社時には「個人ベクトルシート」というものを記入してもらっています。シートには3か月ごとに目標などを書く項目を用意(yi)しており、こまめに更新することを推奨しています。

    個人ベクトルシートの一部サンプル。この他に、「得意なこと」「価値観」などを書くプロフィール部分もあります。

    後述(shu)する通り、コパイロツトは関(guan)わりたいプロジェクトに挙(ju)手をすることができる環境です。自分の強みや志向にマッチする案件(jian)をコパイロツトで引き受けることになった際(ji)は、ぜひ手を挙(ju)げてもらいたいと思います。

    コパイロツトとしては、個人(ren)(ren)方針に合う仕事をすることで、人(ren)(ren)はいつも以上に仕事に熱(re)中することができ、それはひいてはメンバー自身だけでなく、会(hui)(hui)社(she)や社(she)会(hui)(hui)にもポジティブな影(ying)響を与えるのではないかと考えています。

    個人方針をメンバー間で共有し、チーミングに活かす

    各メンバーの個人方針は、「チームで推進する制度1」によるメンバーミーティングや、4か月に1度(du)行われる共(gong)同(tong)創(chuang)業(ye)者の定金との1on1などを通(tong)じて、他(ta)のメンバーと情報共(gong)有をしています。お互いの個人方針を伝えることにより、メンバーの志向(xiang)にマッチしそうな案件があった際は、気軽にプロジェクトチームに誘(you)い合えるような環境を作(zuo)ることが目的です。

    もちろんチーミングの際には、「プロジェクトの成功(gong)に必要なスキルを持(chi)つ人が揃(jian)ったチームになっているか」という視点は不可欠(qian)。スキルセットをもとに、チームに加わってもらう場合もあります。ですが、今のスキルを活かしてもらいながら、個人の志(zhi)向に関連する仕(shi)事ができるよう、会社(she)として支援したいとも考えています。

    興味がある案件には積極的に手を挙げる

    ここからは、実際のアサインの仕組みをご紹介します。

    コパイロツトには、週に1回1時(shi)間、全(quan)メンバーが参加する「良くする会(hui)議」というものがあります。この良くする会(hui)議のアジェンダには、各(ge)ドメイン(部署)からの報告や会(hui)社の売り上(shang)げ・稼働状況など、コパイロツトの現状に関する情報共(gong)有(you)が組み込(込)まれており、その1つとして新(xin)規案件の窓口(kou)である「新(xin)規案件ロール」からの状況共(gong)有(you)も行われています。

    そのタイミングで、新規案件(jian)の情(qing)報が整理されたスプレッドシートを全(quan)員で見ながら、案件(jian)に必要(yao)なリソースを決定し、アサインを相談していきます。関わりたい案件(jian)があるメンバーは、このシートの「やりたい人(ren)」欄(lan)に名前(qian)を書き込み、後日それを確認(ren)した案件(jian)の担当者と個(ge)別に話をする、というのが主(zhu)な流(liu)れです。

    新規案件共有フォーマットのサンプル

    新規案件ロールを経験することで、会社方針への理解も深まる

    新規案件ロールは、新規相談の窓口となるだけでなく、良くする会議のファシリテーションや、コパイロツトとしてどんな案件を受けるべきかの検討も行っています。このロールは、固定メンバー1人と、持ち回り制で毎月1人ずつ変わる3人という計4人のメンバーで構成されており、Project Success2に関わるメンバー全(quan)員が一度は経験します。

    この役(yi)割をあえて持ち回り制(zhi)にしているのは、新(xin)規案(an)件(jian)ロールを担当することで、コパイロツトが担っている案(an)件(jian)や現在の経営(ying)状況、これから社としてどんな案(an)件(jian)を引(yin)き受けるべきかなど、会(hui)社方針に関(guan)わる部分の理解を深めてほしいというねらいもあるからです。

    長年コパイロツトで働(dong)くベテランから入社3か月(yue)が経った新メンバーまで、プロジェクトに関わる誰もがこのロールを担当する点は、コパイロツトという組織(zhi)のフラットさが表れているかもしれません。

    おわりに

    今回は、「個人(ren)方針」も重視するコパイロツトの考え方や、個人(ren)の希望(wang)を反映するプロジェクトアサインの仕方を紹(shao)介しました。

    コパイロツトでは社(she)内に限らず、プロジェクトに関わる人がそれぞれの個(ge)性や能力を発揮して活躍できる環境を作り、楽しく働く人を増やしたいと考えています。さまざまな会社(she)のプロジェクト推進のサポートや、メソッド・ツールの開発も、そのための一歩です。そんなコパイロツトの仕事に興味がある方(fang)は、こちらの募集(ji)をご覧ください。


    1. チームで推進する制度:全社的なリモートワーク移行にあたり、メンバー間の関係構築と情報共有のためにできた制度。普段の業務であまり接点がないメンバー4人程度で1チームとなり、週1回のMTGを行う。
    2. Project Success:さまざまな企業・団体のプロジェクトに加わり、目的達成を支援する仕事。業務の一部内容については、下記の記事で紹介しています。

    コパイロツトは、課(ke)題整理や戦(zhan)略立案から参画し、プロジェクトの推(tui)進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP