ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    アセスメントツール「Zipadee」で、誰もがプロジェクトを自律的にしていける世界へ

    コパイロツトでは対面でのプロジェクト推進支援と並行して、プロジェクトを推進するための実践的な方法論や、プロジェクトチームのあり方について日々探究を重ねています。その中核を担うメンバーが今新たに開発しているのが、プロジェクトアセスメント1ツール「Zipadee(ジパディー)」です。

    Zipadeeは、もともとコパイロツト独(du)自のプロジェクト推進(jin)メソッド「Project Sprint」の有効性を数(shu)値で実証しようと、メソッドの実践度とチームの変化を測定(ding)しはじめたことがきっかけで生まれました。

    計測したデータをプロジェクトリーダーや事業(ye)責任者に共有したところ、「確かに!」とポジティブな反応が返ってきました。またそのデータ分(fen)析を元に、新たな改善(shan)アクションが作られたり、実際に改善(shan)アクションにトライするプロジェクトが出てきたり。開発(fa)メンバーは「利用者に対して、新たな発(fa)見をもたらしているのでは」と感じる瞬(shun)間があったようです。

    そこから本格(ge)的(de)に開発が始まった新たなプロダクト、Zipadee。今(jin)回はこのツールが一体どんなものなのかをご紹介します。

    PMの経験頼りにせず、客観的な指標でプロジェクトチームの状態を評価するZipadee

    Zipadeeとは、プロジェクトチームの状(zhuang)態を、客観的な指標に基(ji)づいて可視化(hua)することを目(mu)的としたアセスメントツールです。

    プロジェクトを推進するときには、プロジェクトの計画はもちろんのこと、常に状(zhuang)況を把握して適宜修正し、すべきことを問い直していく必要(yao)があります。ですが、その状(zhuang)況把握や改善(shan)策(ce)の検討(tao)は、多くの場合(he)プロジェクトリーダーなどの知識や経(jing)験に基づいて行われるため、個人の力量に左右(you)されやすいのが現状(zhuang)です。また、そこから導かれる改善(shan)策(ce)や、その先の効果測定にも難しさがあります。これらの検討(tao)を補(bu)助するのがZipadeeです。

    実際の画面のサンプルです

    Zipadeeでは、10分程度で回答(da)できる選(xuan)択式のアンケートをプロジェクトメンバーに対して実(shi)施し、その結(jie)果を前回と比較できる形で可視化します。そこで判明(ming)した数(shu)値の変(bian)化や回答(da)の分布などから、プロジェクトチーム内部の変(bian)化を正確に把握できるほか、メンバー同士の認識のズレ、問(wen)題につながる兆(zhao)しなど、必(bi)要な情報を提(ti)供して、議論と改善のきっかけを作ります。

    現時(shi)点での評価指標は、「Project Sprint」の行動指標となる「プログレス」「チーミング」「プロセス」の3項(xiang)目(mu)と、状(zhuang)態(tai)指標である「シェアドリーダーシップ」「役割曖昧(mei)性」「心理(li)的安(an)全(quan)性」「エンゲージメント」「ストレス」の5項(xiang)目(mu)となっています。Zipadeeにおけるそれぞれの定(ding)義(yi)は、以下(xia)の通りです。

    行動指標

    • プログレス
      • プロジェクトの進捗他のための個々人の活動および、プロジェクトで定められたゴールを達成しているかどうかを示す指標
    • チーミング
      • チームの形成のための個々人の活動および、理想的なチームが形成されているかどうかを示す指標
    • プロセス
      • チームの活動の実行と最適化を促進するために、全メンバーが情報の同期をできているかを示す指標

    状態指標

    • シェアドリーダーシップ
      • チーム全体として、どれだけチームワークを発揮できているかを確認する指標。また、各メンバーが互いのリーダーシップにどれだけ頼っているかを示す指標
    • 役割曖昧性
      • 自分がゴールに対してどんな役割・タスクを期待されているのかがはっきりしていない度合いを示す指標
    • 心理的安全性
      • 「自分がどんな行動をとっても、周囲から否定されることはない」と感じる度合いを示す指標
    • エンゲージメント
      • 従業員の企業(ここではプロジェクト)に対する信頼関係や愛着心。仕事に対するワクワク感や幸福感をも含む指標
    • ストレス
      • 外部から刺激を受けた時に生じる緊張状態を示す指標(※環境的要因、身体的要因、心理的要因、社会的要因など、要因は様々)

    Zipadeeのアセスメント項目(mu)のうち状態(tai)指標は、経営(ying)学(xue)(xue)・組織心理学(xue)(xue)などの学(xue)(xue)術(shu)領域で有効性が確かめられている指標の中でも、特にチームの自律性に関連するものを選定して設計されています。

    「ふりかえり」の、さらにその先へ

    プロジェクトの節目に行(xing)われることの多い「ふりかえり」。なんとなく実践しているものの、その意義についてあらためて考えたことはないという方もいるかもしれません。「ふりかえり(レトロスペクティブ)」は、短期間で探(tan)索と適(shi)応を繰り返すアジャイルの1サイクル(イテレーション)の半分を占(zhan)める重(zhong)要な活(huo)動です。

    Zipadeeの特(te)徴は、アンケートでふりかえりの材(cai)料を集めるのに加えて、その回答のバラつきにも焦点を当てているところにあります。回答の分散に注目(mu)することで、一般的なプロジェクトについての「ふりかえり」の場では話題にあがらないような、各自の考(kao)えの前提(ti)となっている認識や規範意識のすり合わせまでもができるようになるのではないかと、Zipadeeの開発チームでは考(kao)えています。

    そして今(jin)回、開(kai)発(fa)チームでは、認識や規範意(yi)識の違いをあぶり出し、話し合(he)ってすり合(he)わせていく実践を「アライメント」と名付けました。

    視点(dian)の違(wei)いを否定し合ったり、同調圧力の中で進(jin)めるのではなく、むしろアライメントを通(tong)じて違(wei)いを認めて理解(jie)し合うことで、各々が個(ge)性(xing)を発(fa)揮できる場(chang)が生(sheng)まれるのではないか。そして、1人では不可能だった面白いプロジェクトは、そのような場(chang)でこそ出来上がるのではないか。そのような考えのもとで、Zipadeeの開発(fa)は日々進(jin)められています。

    より多くのプロジェクトの自律化・推進支援をZipadeeで

    とはいえ、まだまだ開発途中のサービス。開発メンバーは今もなお「自律(lv)的(de)なプロジェクトチームをつくるためには何が必要(yao)か」という問いと向き合い、議論を繰り返し改良(liang)を重ねています。評価(jia)指標もブラッシュアップ中です。また、協力を得て収集中のデータを元に、いずれは状(zhuang)況改善のための具体的(de)な行動アドバイスまで、ツール上でできるようになればと考えています。

    言い換えれば、コパイロツトが対面で行ってきたプロジェクト推進(jin)支(zhi)援の一部が、ツールによって自動化されるということ。Zipadeeの開発が進(jin)めば、コパイロツトのメンバーが直接伴走できなくとも、より多くのプロジェクトが、自らの力で適切(qie)に状況を判断しながら、複雑な状況にも対処していける世界(jie)に、一歩近(jin)づきそうです。

    Zipadeeでプロジェクトチームの状態を可視化し、自律性を高めたい企業を募集しています

    コパイロツトでは今後、このZipadeeを、多くのプロジェクトリーダーが悩(nao)んでいるであろう、チームの状態把握や効果(guo)測定などに活用していただきたいと思っています。

    プロジェクトチームの状態を改善したい、またはチームの自律性を重要視している企業の方などで、「試しに導入したい」「一緒にプロジェクトの改善方法について考えてみたい」という方がいらっしゃいましたら、下記のアンケートからぜひお気軽にお声(sheng)がけください。


    1. 対象を評価・査定すること

    コパイロツトは、課題整理や戦略立(li)案(an)から参画(hua)し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP