ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    プロジェクトマネジメントだけじゃない? コパイロツトの「プロジェクト推進支援」とは

    「プロジェクト推進支援(yuan)」の専(zhuan)門会社(she) ―― と聞くと「プロジェクトマネジメントをしている会社(she)」と思いませんか?

    そうなんです。一般(ban)的(de)には「プロジェクトを推進(jin)する=進(jin)捗管(guan)理やオペレーション、リスク管(guan)理などの”プロジェクトマネジメント”を行う」と考える人が多いようです。

    でも、「プロジェクト推(tui)進支(zhi)援(yuan)」を行(xing)うコパイロツトにとって、「プロジェクトマネジメント」は支(zhi)援(yuan)アプローチの1つです。私たちのプロジェクト推(tui)進支(zhi)援(yuan)業(ye)務には「プロジェクトマネジメント以外のアプローチ」も含まれているのです。

    ……わかりにくいですよね。

    そこで今回は、コパイロツトが行う「プロジェクト推進(jin)支援(yuan)」という業務について、支援(yuan)の種類、担当者のアサイン方(fang)法、そして、プロジェクトの現場(chang)がわかる記事でご紹(shao)介します。

    プロジェクト推進支援の「4つのアプローチ」と「3つのタイプ」
    さまざまな角度から最適な支援を見つける

    プロジェクトは、今までに解決されたことのない問(wen)題を解決するために生まれます。そこにはさまざま人が関わり、それぞれの異なる価値観(guan)や目(mu)的があるため、どんどん複(fu)雑になり、進め方が難しくなっています。

    プロジェクトマネジメント協会は2017年時点で「2027年までに約8,800万人がプロジェクトマネジメント関連の業務に就く」と推計しています。また、スタンディッシュ・グループの調査によると「世界で実行されるプロジェクトのうち成功するものは35%前後」だそうです。1

    コパイロツトは、2005年からプロジェクトとプロジェクトを進めることについて考(kao)え続けてきました。数(shu)多(duo)くのクライアントと共(gong)に走り、一緒に汗をかきながらプロジェクト推(tui)進支(zhi)援(yuan)を行ってきた実績とノウハウをもとに、現(xian)在は「4つのアプローチ」「3つのタイプ」から個々のプロジェクトに合(he)わせた柔軟な支(zhi)援(yuan)を行っています。

    「4つのアプローチ」〜 何を支援するのか


    1. チームビルディング
    プロジェクトに必要なリソースを特定し、内部メンバー・外部パートナーのアサインを行います。

    2. 問題整理・マイルストーン設計
    プロジェクトを着実に推進するナレッジをもとに、目指すべきゴールの特定やゴールに向けたマイルストーンを設計し、プロジェクトの立ち上げから運用までを支援します。

    3. プロジェクトマネジメント
    プロジェクトをゴールに導く管理業務を請け負い、第三者として、組織の部署&階層を横断した総合的な支援を行います。

    4. ナレッジマネジメント(ふりかえり、ナレッジ蓄積)
    プロジェクト推進を自走できる基盤の構築を行い、自ら学習し、成長する自律的なチームづくりを支援します。

    「3つのタイプ」〜 どのように支援するのか


    タイプ1:プロジェクトリーダー支援型
    組織内で、部署を横断した情報収集やコミュニケーションをプロジェクトリーダーと共に行い、プロジェクト推進のための体制構築を支援します。

    タイプ2:プロデュース型
    外部のスペシャリストやパートナーが複数関わるプロジェクトに参画し、戦略の立案やスコープの明確化など、円滑なプロジェクト進行を支援します。

    タイプ3:中立支援型
    第三者としてプロジェクトに参画。プロジェクトリーダーとパートナーの双方を客観的な立場から支援し、全体最適を目指します。定期的な意見交換やディスカッションの場をつくり、プロジェクトをスムーズに進行できる環境を整えます。

    最近では、課(ke)題そのものを見つけることや、プロジェクトのゴールについてディスカッションするところからお手(shou)伝いする案件も増(zeng)えてきました。はじめから明確(que)なゴールを設定(ding)できない、複雑なプロジェクトが多いことを実(shi)感(gan)します。

    原則として複数人で1つのプロジェクトを担当
    メンバーは、参加したい案件に自ら手を挙げる

    コパイロツトでは原則(ze)として、メンバーが1人でプロジェクト推進支援に関わることはありません。1つの案件につき、必ず2~3名のチームを組(zu)んで参加(jia)します。

    担当メンバーのアサインでは、基本的にメンバー自(zi)らがやりたいプロジェクトに手を挙げます。メンバーが自(zi)身(shen)の経(jing)験(yan)やスキルからプロジェクトに提供できる価(jia)値を考え、実践(jian)しながら、自(zi)分のありたい姿をアップデートしていく。それが、質の高い仕(shi)事をするためにも、個人のキャリアを築(zhu)く上でも重要だと考えているからです。

    プロジェクトが始動すると、担当メンバーがクライアントの希望を丁寧に拾い上げ、集めた情報を整理し、どのようにプロジェクトを前に進めていくかを、クライアントと一緒に探(tan)していきます。

    さまざまなバックグラウンドやスキルを持つメンバーが在籍しているので、他のメンバーに見(jian)解や意見(jian)を聞く光景もよく目にします。また、案件(jian)の特性や予算(suan)によっては外部(bu)の専門アドバイザーをチームにアサインする必要もありますが、その場合も社内で検(jian)討して必要な体制を整えています。

    実際、どうやってプロジェクトを進めているのか
    コパイロツトの仕事の現場がわかる記事まとめ

    とはいえ、ここまでの説明(ming)だけでは、コパイロツトがどのようにクライアントに伴走(zou)し、プロジェクトを進めているのか、イメージしにくいですよね。

    最後(hou)に、コパイロツトの仕(shi)事(shi)の現場をイメージできる記事(shi)を「プロジェクト推進支援(yuan)の事(shi)例(li)」「クライアントやパートナーとの協(xie)働」「プロジェクトマネジメントに関わる人(ren)たちと学び合う」の3つの切り口からピックアップしました。

    クライアントやプロジェクトマネージャーがどんな悩みを抱えているか。私たちがどのように支援(yuan)しているか。プロジェクトを進めるプロセスと目的を達成(cheng)するよろこびが伝わってくる記事を選んでみました。支援(yuan)先(xian)からいただくこのような声が、プロジェクト推進支援(yuan)の実践と探究を繰り返す私たちの原(yuan)動力になっています。

    【プロジェクト推進支援の事例】

    札幌新陽高校 学校祭企画プロジェクト推進支援

    【クライアント、パートナーとの協働】

    クライアントとの座談会

    パートナー企業との座談会

    【プロジェクトマネジメントに関わる人たちと学び合う】

    共創型オンラインカレッジ「Project Climbing Challenge(PCC)」

    コパイロツトの考え方や活動は、このブログのほか、SNS(, )、Newsletter、で発信(xin)しています。媒体によって発信(xin)する情報も少しずつ異(yi)なります。ぜひ、興味のあるところからお気(qi)軽にアクセスください!


    1. 参考:アントニオ・ニエト=ロドリゲス『プロジェクトエコノミーの到来』DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー 2022年2月号

    コパイロツトは、課題整(zheng)理や戦(zhan)略立案から参(can)画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気(qi)軽にお問い合わせください!

    TOP