ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    「プロジェクトって難しい」——新卒1年目・コパイロツトでの研修中に学んだ、プロジェクト推進のノウハウ

    こんにちは、はじめまして。2023年10月より株式会社メンバーズからコパイロツトに派遣(qian)され、働きはじめた谷(gu)山です! 

    派遣(qian)といっても一般的な派遣(qian)ではなく、今回(hui)は「派遣(qian)」かつ「研修」。メンバーズから他社に赴き業務経(jing)験を積む、という社内(nei)制度を利用してコパイロツトにきています。

    わたしは23年新卒、社(she)(she)会人1年目(mu)です。所属している会社(she)(she)のメンバーズでは、新卒研修の一環で、プロモーション施(shi)策を実施(shi)するプロジェクトに携(xie)わり、広告運用やSNS運用に取(qu)り組んでいました。

    そこではじめて、プロジェクトの進(jin)め方(fang)に対(dui)する難しさと向き合うこととなりました。

    プロジェクトって難しい。未経験のわたしが、入社直後に感じた課題

    そのプロジェクトは、新卒のメンバーが中(zhong)心となっており、先輩に聞きながら、わからないなりに手探りで進行していました。ただプロジェクトが進むにしたがって、もともと広(guang)告に関する知識がある人と、そうではない人で、指示(shi)を出す側と出される側とに分割されてしまうようになりました。

    指示を出す中心メンバーに聞(wen)かないと今(jin)後(hou)の作(zuo)業の判断(duan)ができない、など自走できなくなってしまい、リードするメンバー不在(zai)ではプロジェクトが進(jin)まなくなってしまいました。

    今思えば、プロジェクトの全体像が把握できていなかったり、誰が何(he)をしているのか分からずうまく連携(xie)できなかったり。役割分担(dan)や、期(qi)待値のすり合わせもできていなかったように思います。

    また、メンバーの多(duo)くは同じ課(ke)題を感じていましたが、それについてオープンに議論できる場をつくるスキルやノウハウがまだなく、制作物に対するアイデアが上(shang)手(shou)く出せていないメンバーも多(duo)かったです。わたし自身(shen)、チームの良(liang)い雰(fen)囲気作りのためにも、自分(fen)からアイデアを出したり、知識(shi)をもとに積極(ji)的な提案をしたりするなど、もっと主体的に動けたら良(liang)かったなと思います。

    そんな風にもやもやを抱えながらプロジェクトを進めていた矢先、前(qian)述の社内制度を知りました。その中の一社に、プロジェクトマネジメントを専門とするコパイロツトがありました。

    業務の経験が浅く、成果が出せる専(zhuan)門的な知(zhi)識もないので、違う会社(she)で働くことに不安(an)もあったのですが、自(zi)分の悩みを解決でき、プロジェクトマネジメントについてもっと知(zhi)ることができるのではと、即(ji)決断して、派遣先(xian)に選ばせてもらいました。

    コパイロツトで知ったプロジェクト推進メソッドと、特に試したい二つの活動

    プロジェクトの進め方(fang)に課題を持っていたわたしにとって、コパイロツトでは多くの学びがありました。

    コパイロツトでは「」というプロジェクトの推進メソッドを開発しており、プロジェクトの進め方(fang)を日々研究しています。

    このメソッドでは、プロジェクトで起こりうる課題からその解(jie)決(jue)策(理論(lun)、概(gai)念(nian)から具体的(de)なアクション)まで、網羅的(de)にプロジェクトの推進論(lun)がまとめられています。 オープンソースで、誰でもすぐに試すことができるのが、このメソッドの良いところです。

    わたしは主に、を使って学習しました。

    このプラクティカルガイドから覚えたことはたくさんありますが、今回はその中(zhong)から、とくに今後(hou)試したいと思う二つの活動を紹介(jie)します!

    一つ目は、課題の解決策を自分で見出す「気づきトリアージ」

    気づきトリアージとは

    ちょっとしたアイデア・気になること・不安など自分の中の小さな声を共有し合い、対話をすることで解決策を自分で見出す活動です。

    nirjadesai.com

    わたしはコパイロツトに来て初めて「気づきトリアージ」を体験しました。

    業務をする上で不安なことを吐き出し、「それはどうすれば解(jie)決するのか?どんな情報が必要か?」というファシリテーターからの問いに答えながら不安を深(shen)掘りすることで、自分ひとりでは言語化できなかった解(jie)決策となる行動が見えてきました。

    そして、解決(jue)に向けたネクストアクションを宣言することで、少しずつ自分の活(huo)動(dong)がより良くなっていると感じています。

    わたしは前述の通り、入社直(zhi)後に関わったプロジェクトで、感じていた多くの違和(he)感を共有(you)できず、溜め込(込)んだままになっていました。その結果(guo)、自分自身が感じていた違和(he)感を解消できず、満足(zu)のいく活動ができませんでした。

    このような仕組みがプロジェクトの中にあると、1人ひとりが感(gan)じている違(wei)和感(gan)を解消でき、安(an)心して活動ができると感(gan)じます。

    月(yue)1回(hui)でも、メンバーの不(bu)安や違(wei)和感が解(jie)消(xiao)される時間(jian)を作ることがプロジェクトの推進に役立つのではないでしょうか。

    二つ目は、役割の中で発生した問題を共有するために「会議で各メンバーがアジェンダを自分で持ち込む活動」

    コパイロツトのプロジェクトでは、メンバーそれぞれが役割(ロール)をもっており、それに紐づく活動を進めるために、議論したいことをアジェンダとしてミーティングに持ち込むかたちをとっています。

    わたしが初めて関(guan)わったプロジェクトでは、アジェンダはプロジェクトの中(zhong)心メンバーが決めており、その他のメンバーはアジェンダの目(mu)的を理解できていませんでした。 「タスクを実行する自(zi)分」という立場からアジェンダを持ち込む習(xi)慣があれば、プロジェクトの進み方がまた違ったのではないかと思います。

    自分の役割で発生した問題を会議の場(chang)で共有し、解消することで、安(an)心して再(zai)び活(huo)動(dong)できますし、そのことが今(jin)関わっているプロジェクトにとってプラスに働(dong)いていると感(gan)じています。

    インプットだけではなく、実践を大事にしたい

    コパイロツトに来て、今もなおプロジェクトを推進(jin)するための知識をインプットする機(ji)会がたくさんあります。でもインプットしただけでは、実際のプロジェクトを推進(jin)させることはできません。

    この知識を使って、どのようにしたらプロジェクトを推進させることができるのか? これから先(xian)はその準備を行い、実践できるようにしたいと思います。

    例えば、わたしが今後、別のプロジェクトに参加することになった際、プロジェクトを推進(jin)するための仕組みを導入するためには、以下のことを考える必(bi)要があります。

    • どのような提案をすれば、チームが納得して仕組み(気づきトリアージなど)を導入してくれるのか?
    • タスクの担当者が自分でアジェンダを持ち込んでファシリテートをするようになる仕組み・環境を如何に作るか?

    まだ学ぶべきことはたくさんあります。これからもノウハウや知識(shi)を積極的(de)に吸収(shou)することはもちろん、「知識(shi)をどう使うか?」を意識(shi)していきたいと思います。


    執筆者 谷山 駿介(たにやま・しゅんすけ)
    株式会社メンバーズ所属。コパイロツトで派遣研修というかたちで働きながら、様々なプロジェクトの推進をサポートしています。以前携わっていた広告・SNS運用の経験を活かして、ブログやSNSなどの情報発信業務にも従事しています。

    コパイロツトは、課題整理や戦(zhan)略(lve)立案(an)から参画し、プロジェクトの推進(jin)支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP