ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    クラスメソッド社と行っている「Project Enablement」――プロジェクトを進めやすくするための環境・仕組みづくり

    この記事(shi)では、現在弊社(she)がクラスメソッド社(she)(データアナリティクス事(shi)業本部>ビジネスソリューション部)でご支援(yuan)をさせていただいている「Project Enablement」――「プロジェクトの進め方」や「プロジェクトマネージャーに求められるスキルや振る舞い」を言語(yu)化(hua)し、組織内(nei)に浸(jin)透させていくプロジェクト――の概要(yao)についてお伝(yun)えします。

    なお、本記事は、ビジネスソリューション部佐藤(teng)さんとの連携企(qi)画となっており、佐藤(teng)さんによるブログ記事も同(tong)時に公開されています。そちらも合(he)わせてお読みください。

    実際の取り組みを理解いただくために、今回プロジェクトをご一(yi)緒させていただいているクラスメソッド佐藤(teng)さんが執筆されているブログ(上(shang)記以外)をご紹介します。いずれも、とても読み応えのある深いナレッジです。

    このような形で、実際のプロジェクトで実践を行(xing)いながら、プロジェクトマネージャーとして、いつ、何をすべきかを言(yan)語化しているのが本プロジェクトの取り組みです。

    プロジェクトの進め方に目を向けることの意味

    プロジェクトマネジメントの分(fen)野でいえば、「PMBOK」(Project Management Body of Knowledge)が知識体系として存(cun)在しており、多くの方(fang)(fang)が参(can)照(zhao)(zhao)されていると思いますが、なぜ私たちはPMBOKを参(can)照(zhao)(zhao)するだけでなく、自らプロジェクトの進め方(fang)(fang)やプロジェクトマネージャーの振る舞(wu)い方(fang)(fang)に目を向けるべきなのでしょうか。

    1. 良い形でプロジェクトを進めるためには、そのプロジェクトにあった進め方が必要

    1つは、プロジェクトごとに最適(shi)な進(jin)め方やプロジェクトマネージャーが取るべきアプローチが変(bian)わってくるためです。

    そのことは、PMBOKも<洋服の仕立て>を意味する「テーラリング」という言葉で指摘しています。


    プロジェクトマネジメントはプロジェクトのニーズに合わせてテーラリングする必要があるため、
    本標準も本ガイドも共に、規律的実務慣行ではなく、規範的実務慣行に基づいている。

    出典:PMBOK第(di)6版(Project Management Inst. プロジェクトマネジメント知識体系ガイド PMBOKガイド 第(di)6版(日本(ben)語) . 2018)



    一つとして同じプロジェクトはない。

    プロジェクト固有の特性とその環境に合わせてプロジェクトのアプローチをテーラリングすることは、 プロジェクト・パフォーマンスを向上させ、成功確率を高めることに貢献できる。

    アプローチのテーラリングは反復的な性質を有するため、 プロジェクト・ライフサイクル期間中に常に行われるプロセスである。

    出典:PMBOK第(di)7版(プロジェクトマネジメント協会(PMI). プロジェクトマネジメント知(zhi)識体系(xi)ガイド(PMBOKガイド)第(di)7版+プロジェクトマネジメント標(biao)準: PMI日本支部(bu) 監訳 Kindle版. 2023)


    つまり、「こうすればうまくいく」という絶(jue)対(dui)的な1つのやり方は存在せず、それぞれのプロジェクト自らが最適なやり方を生み出(chu)していく必(bi)要があります。

    現代において、プロジェクトを進(jin)めていくためには、ゴール自(zi)体も動的な状(zhuang)況の中で、多様な思いを持(chi)った関係者(zhe)やしばしば初対面のメンバーともコミュニケーションを取りながら物事を進(jin)めていく必要があります。そのようなプロジェクトの進(jin)め方は、引力の法(fa)則のような「物を手(shou)に持(chi)った状(zhuang)態から手(shou)を離せば、物は落(luo)下する」といった「こうすれば、こうなる」とシンプルに言い切れるものではありません。もちろん、組織(zhi)や人(ren)についての研究は経営学(xue)(xue)や社会学(xue)(xue)分(fen)野の中でこれまで行われてきたものであり、当然参考になる知見は多々ありますが、それがそのまま実際のプロジェクトで使(shi)えるというものでは必ずしもありません。

    「このプロジェクトの現在の状況を踏まえると、どうしたら良いだろうか?」
    「○○や△△の考(kao)え・方(fang)法(fa)論が参考(kao)になりそうだが、このプロジェクトではどうすべきだろうか?」

    プロジェクトをスムーズに進(jin)めていくためには、このような問(wen)いに各プロジェクトの当事者自(zi)身(shen)が向き合って、そのプロジェクトにとっての最適なマネジメント・進(jin)め方を自(zi)ら生み出(chu)す必要(yao)があります。

    2. プロジェクトメンバーの学習・成長のために、進め方自体に目を向ける

    もう1つは、プロジェクトが上(shang)記1のような性質、つまり、何かしら特定のやり方(fang)がそのまま適用できるものではない以上(shang)、プロジェクトを進めることについての学習や成長も、書籍を通じてではなく、実際のプロジェクトを通じて行われる側面が大きいのです。

    それは、「とりあえず色々なプロジェクトに関(guan)わってみる」ことで学習(xi)できる側面もありますが、より学習(xi)や成長の質を高(gao)め、スピードを早めるためには、関(guan)わるプロジェクトの中で意識的に学ぶことが極めて重要(yao)で、そのためにも「プロジェクトの進め方自体に目を向ける」ことが不可欠と考えています。

    なぜ、プロジェクトの進め方に目を向けると、学習・成長につながるのか。
    それは、進め方(fang)に目を向(xiang)けることで、進め方(fang)についての「仮説・検(jian)証」を自然(ran)と、かつ高速に回すようになるためです。

    1. まずは、「プロジェクト立ち上げ時には何をしたらよいだろうか?」「チーム内のコミュニケーションは、どのようにとっていったら良いだろうか?」「ふりかえりは、いつどのような形で行ったら良いだろうか」というようなことを検討し、実際のプロジェクトで取り組んでみる
    2. そうすると、うまく行ったところと、そうでないところが見えてくる
    3. 改善点があれば、改善策を議論し、再度実際のプロジェクトで実施してみる

    このような仮説・検証サイクルを高速で回していくことで、進(jin)め方に目(mu)を向(xiang)けずにプロジェクトを進(jin)める場合(he)より、プロジェクトメンバーが成長しやすい状態になると考えています。そして、プロジェクトメンバーが成長するということは、組織や会社も成長するということです。

    どのようなプロセスで知(プロジェクトの進め方)を生み出したのか

    今回のクラスメソッド社(she)(データアナリティクス事業本(ben)部>ビジネスソリューション部)との取り組みでは、下図のプロセスを繰り返(fan)し回しながら「プロジェクトの進め方に関(guan)する知(zhi)」を言(yan)語化しています。

    しかし、このプロセス自(zi)体は、大(da)したものではありません。重要(yao)なのは、このプロセスを回し続けることです。

    今回の取り組みの中では、一定(ding)期間ごとに上記①を行(xing)いながら(=大きなふりかえり)、可能な限りほぼ毎(mei)週(zhou)、クラスメソッド社(she)のプロジェクトマネージャーが関わっているプロジェクトのクライアントミーティングや社(she)内ミーティングについてふりかえりを行(xing)い(=小(xiao)さなふりかえり)、現状や改善策の確認(ren)するようにしています。

    このような形(xing)で、実際のプロジェクトの状況(kuang)に合わせて仮(jia)説・検証サイクルを高速に回すことで、プロジェクトの進め方を改善しながら、「プロジェクトを進める」ことについて必(bi)要(yao)な「知」がスピーディーに言語化されていくと考えています。

    今後に向けて

    最後(hou)に、今(jin)(jin)回の取り組みの今(jin)(jin)後(hou)について記載したいと思(si)います。

    「プロジェクトの進(jin)め方に目を向ける」ことは、実は簡単なことではありません。それは、検(jian)討する中身が難しいからではなく、「検(jian)討しなくても、悪い意味でなんとかなってしまう」ためです。プロジェクトがどのように難しい状況(kuang)であったとしても、個(ge)人の気(qi)(qi)合(he)(he)と長(chang)い業務(wu)(wu)時(shi)(shi)間(jian)(jian)によって乗(cheng)(cheng)り切ってしまい、また、次のプロジェクトで難しい状況(kuang)になれば、再(zai)び、個(ge)人の気(qi)(qi)合(he)(he)と長(chang)い業務(wu)(wu)時(shi)(shi)間(jian)(jian)で乗(cheng)(cheng)り切る。そのようなことが繰り返されると、「プロジェクトの進(jin)め方に目を向ける」ことは逆にナンセンスな振(zhen)る舞いとして捉えられ(「気(qi)(qi)合(he)(he)で乗(cheng)(cheng)り切れ」)、時(shi)(shi)間(jian)(jian)をかけること自体がコストとして認識されてしまうことも少なくありません。

    しかし、データアナリティクス事(shi)業本部(bu)>ビジネスソリューション部(bu)のみなさんは、組織(zhi)(zhi)的にもその重要性(xing)を理解(jie)し、「プロジェクトの進め方(fang)」を日々議論し続けています。本記(ji)事(shi)の冒頭(tou)の方(fang)で記(ji)載したとおり、「プロジェクトの進め方(fang)に目を向ける」ことは、より良いプロジェクトを行うために、そして個人(ren)・組織(zhi)(zhi)・会社が成長していくために不可欠なことです。

    今(jin)回の取り組みは、すでに、次の世代のプロジェクトマネージャーのための学びの場にもなっていると感じていますが、その先には、必ず組織・会社の発展につながっていくものと確(que)信(xin)しています。そのような魅力あるプロジェクトに関わる機会をいただけていることに感謝するとともに、引(yin)き続き、ご貢(gong)献できるように弊社としてもプロジェクトマネジメントの方(fang)法論をアップデートし続けていきたいと考えています。

    (参考)Project Enablement(プロジェクト・イネーブルメント)とは?

    「Project Enablement(プロジェクト・イネーブルメント)」は、プロジェクトの進め方そのものを最適化していく取り組みです。

    下記ブログにて、「Project Enablement」に対する思いを書いておりますので、合わせてお読みいただければ幸いです。

    nirjadesai.com


    執筆者 米山知宏(よねやま・ともひろ)( / )
    プロジェクトファシリテーター、プロジェクトコンサルタント。 プロジェクト・組織の推進をプロジェクトマネージャーとして関わりながら、プロジェクト・組織の未来に必要なナレッジ・知を言語化するサポートをしています。 対象分野は民間企業のDX領域が中心となりますが、シンクタンク・パブリックセクターでの勤務経験から、公共政策の立案・自治体DXに関する業務も担当しています。

    コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽(qing)にお問い合わせください!

    TOP