ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    Project Sprint

    プロジェクトは、「苦しい」から「楽しい」へ[エスケイワード×コパイロツト共同開催イベントレポート]

    2023年11月10日(金)にリアルイベント『プロジェクトは、「苦(ku)しい」から「楽(le)しい」へ』を株(zhu)式会社(she)エスケイワード、株(zhu)式会社(she)コパイロツトの2社(she)で共同開催しました。ここでは登壇者や参加者の声、エスケイワードさんへの支援内容(rong)などを交えながら、当日のイベン…

    【解説動画+テンプレあり】プロジェクトをより良く進めるアクション「気づきトリアージ」の実践方法

    複雑かつ変(bian)化の激しいプロジェクトをより良くしていくため、うまく進めていくためには、活動(dong)を定(ding)期的に改善(shan)する仕組みが必要です。チームメンバー全(quan)員の目線(xian)を使い、プロジェクトを定(ding)期的に改善(shan)し続けていくための手法の一つとして、今回は、定(ding)例会議(yi)・ミー…

    PMBOK発行元のプロジェクトマネジメント協会(PMI)日本支部のセミナーでProject Sprint についてお話ししました[講演資料公開]

    PMBOK発行(xing)元のプロジェクトマネジメント協会PMI日本支部(bu)のセミナーにて、コパイロツトが実(shi)践知を集めて体系化したフレームワーク「Project Sprint」についてお話しした内容(rong)と講演資(zi)料を共有(you)します。

    プロジェクト推進フレームワーク「Project Sprint」がより使いやすくなりました

     「Project Sprint」は、プロジェクトチーム自らがプロジェクトの主体となり、小さな成果を繰(qiao)り返し確実に生み出すことを通じて、環境の変化を捉えつづけながら自律(lv)的にプロジェクトを推進するためのフレームワークです。この記(ji)事(shi)では、Project Sprint の最新…

    COPILOTのプロジェクトマネージャー1年目がクライアントのプロジェクト改善を支援して感じたこととは?

     2022年の10月(yue)から2023年3月(yue)まで、クラスメソッド社のみなさんと共に「Project Sprint」を活用したプロジェクトの改善をする取り組みに参画しました。今(jin)回のプロジェクト改善の背景と実際に取り組んだ内容、その後の変化(hua)までをまとめました。

    マネジメント経験ゼロのリーダーが、2年間「Project Sprint」を実践してみた

    チームの本格的なマネジメント経(jing)験(yan)が10年以(yi)上(shang)なかった、とあるプロジェクトリーダー。チーム運営に悩む中、2年間にわたり「Project Sprint」のメソッドを取(qu)り入れ、プロジェクト推進を実(shi)践しました。その結果(guo)をご紹介します。

    fukabori.fm ep77, 78にお邪魔しました - リモートワークにおけるファシリテーションとProject Sprintについて

    技術(shu)・組織・マネジメントなどに詳(xiang)しいゲストを呼んで、その入門から応用(yong)的な内容まで深掘(jue)りしていくPodcast、fukabori.fm。定金と米山がお邪(xie)魔して、リモートワークにおけるファシリテーションとプロジェクト推進メソッドProject Sprintについてお話しして…

    「学校祭企画」のプロジェクトマネジメントに挑戦した高校生たちの4ヶ月間

    コパイロツトは2022年4月から7月までの約(yue)4ヶ月間、北海道(dao)にある札幌(huang)新(xin)陽(yang)高校(xiao)の学校(xiao)祭企(qi)画プロジェクトに伴走しました。今回は、実際のプロジェクトの様子と、学校(xiao)祭を無(wu)事に終えてみての札幌(huang)新(xin)陽(yang)高校(xiao)の先生や生徒のみなさんからの声をご紹(shao)介(jie)します!

    プロジェクト推進メソッド「Project Sprint」メジャーアップデート ‐ 主要な更新箇所のご案内

    コパイロツト独(du)自のプロジェクト推進メソッド「Project Sprint」は、公開後もアップデートを続けてきました。今回(hui)のアップデートは、アプローチの変更と、それに伴う考え方の変化を反(fan)映したメジャーバージョンアップです。主な更新(xin)箇所をご案内します。

    複雑な問題を素早く解決するには?プロジェクトを進めるために定例ミーティングで行うべき3つのこと

    変化(hua)の大きいプロジェクトで生まれてくる複雑(za)な問題を、より素早く解(jie)決していくにはどうしたらよいのか。今回は、そのようなプロジェクトにおける定(ding)例ミーティングの実施方法についてポイントを3つ、ご紹介します。

    プロジェクト推進メソッド「Project Sprint」とは? ポイントをまとめた解説動画と共にご紹介

    コパイロツト独自(zi)のプロジェクト推(tui)進メソッド「Project Sprint」は定例ミーティングを最適(shi)化し、プロジェクトをチームメンバー全員で推(tui)進していくことを目指すための方法論(lun)です。ポイントをまとめた解説動画(hua)とともにご紹介します!

    定例会議を活用しプロジェクトを推進。会議運営をサポートするSuperGoodMeetings導入事例まとめ

    定例会議を活用しプロジェクトを推(tui)進。会議運営をサポートするSuperGoodMeetings導(dao)入事例のまとめです。

    「Project Sprint雇われ経営者」と「Project SENSEI」の誕生

    現(xian)在、ユニバ社(she)(she)の菊(ju)地さんは「Project Sprint 雇われ経(jing)営者」としてコパイロツト社(she)(she)のために、コパイロツト社(she)(she)の定金は「Project SENSEI」としてユニバ社(she)(she)のために活動(dong)するという「ブツブツ交換」契約を結んでいます。今回はこの契約の内(nei)容を紹介します。

    Deliveryトラックがいっぱいいっぱいになって分裂したーProject Sprint Team 紹介2

    SuperGoodMeetingsを開発しているコパイロツト社とユニバ社の共同チームは、活(huo)動開始から3年(nian)(nian)目を迎えました。以前の記事から半(ban)年(nian)(nian)が経ち、チームの姿にもさらなる変化が。今回は、この間(jian)にあったチーム内(nei)での役割変更や名付けについて、1事例をご紹介します。

    Project Sprint Team 紹介

    コパイロツトの方(fang)法論を広(guang)めるべく、コパイロツトとユニバで組(zu)んだ合同チーム。発足から2年4ヶ月(yue)がたった最近(jin)では、両(liang)社のメンバーが混ざり合った1つの組(zu)織のような形(xing)をとるようになりました。この記事では、会社を横断した長期プロジェクトの姿を紹介します…

    Project Sprint & SuperGoodMeetingsの提案とチーム結成の経緯

     コパイロツトでは、定例ミーティングに注目した独自のプロジェクト推進メソッド「Project Sprint」や、ミーティングを簡(jian)単に最適な形で運用できるようにするクラウドツール「SuperGoodMeetings」を開発しています。その開発背景を振り返りました。

    Project Sprintを具体的な会議運用にフォーカスしてご紹介いたしました[登壇資料公開]

    日(ri)本ナレッジマネジメント学会、プロダクトマネージャーカンファレンス 2019でご紹介した、プロジェクトマネジメントメソッド「Project Sprint」に関する登壇(tan)資料を公開(kai)しました。

    コパイロツトのサービス SuperGoodMeetings とプロジェクトマネジメントメソッド Project Sprint を公開

    コパイロツトのこれまでのナレッジを結集した会議を活用して業務支援(yuan)をするSuperGoodMeetings。どのような思想でサービスを開発(fa)し、何を目指しているのかをお伝えします。

    コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参(can)画し、プロジェクトの推(tui)進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP