ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    組織・チームづくり

    プロジェクトは、「苦しい」から「楽しい」へ[エスケイワード×コパイロツト共同開催イベントレポート]

    2023年(nian)11月10日(金)にリアルイベント『プロジェクトは、「苦しい」から「楽しい」へ』を株式(shi)会(hui)社(she)エスケイワード、株式(shi)会(hui)社(she)コパイロツトの2社(she)で共同(tong)開催しました。ここでは登壇者や参(can)加者の声、エスケイワードさんへの支援(yuan)内容などを交えながら、当日のイベン…

    「プロジェクトって難しい」——新卒1年目・コパイロツトでの研修中に学んだ、プロジェクト推進のノウハウ

    「メンバーズから他(ta)社に赴(fu)き業(ye)務経(jing)験を積む」という社内制度を利用(yong)してコパイロツトに来ている谷山さん。新(xin)卒1年目(mu)の彼(bi)がコパイロツトでの研修中に学んだ、プロジェクト推進のノウハウをご紹(shao)介。

    【解説動画+テンプレあり】プロジェクトをより良く進めるアクション「気づきトリアージ」の実践方法

    複雑かつ変化の激しいプロジェクトをより良くしていくため、うまく進めていくためには、活動を定期的(de)に改善する仕組みが必要(yao)です。チームメンバー全員(yuan)の目線を使い、プロジェクトを定期的(de)に改善し続けていくための手(shou)法(fa)の一つとして、今回(hui)は、定例会議(yi)・ミー…

    「プロジェクト化したいけど、できていない」状況を支援する − プロジェクトマネージャー/プロデューサーによるリーダー支援

    プロジェクトマネージャーとプロデューサーは何が違うのか。コパイロツトが行う「プロジェクト化したいけどできない」状況のリーダー支(zhi)援を例に、プロジェクトマネージャーとプロデューサーの違いを説明します。

    リモートワークにおけるファシリテーションの方法論の増補版を公開します!

    2020年5月に公開した「リモートワークにおけるファシリテーションの方(fang)法(fa)論」の増補版(ban)を公開。新たにコラムやTipsなども追加しながら内容を見直しました。

    離れて働く仲間と集まり、上質な体験を共有する。コパイロツト流の“社員旅行”

    コパイロツトでは、メンバーが集まって交流する場として「社員旅行(xing)(xing)」というイベントを行(xing)(xing)っています。その内容(rong)は、旅行(xing)(xing)と同程度の予算で最上(shang)級の食とサービスをみんなで体験するというもの。2023年6月開催時のレポートと、その準(zhun)備の様子(zi)をご紹(shao)介します。

    18の断片で綴る、あの日の風景

     会社のビジョンをメンバーで共有するには、言葉で語り尽くすしか方法はないのでしょうか。4月14日に行われた、あるワークショップを18枚の写真(zhen)で綴(zhui)ります。

    アセスメントツール「Zipadee」で、誰もがプロジェクトを自律的にしていける世界へ

    コパイロツトでは、プロジェクトチームの状態(tai)を、客観的な指(zhi)標に基づいて可視化することを目的としたアセスメントツール「Zipadee」を開(kai)発しています。この記事では採(cai)用している指(zhi)標や、Zipadeeによってどんなことが可能になるのかを紹介(jie)します。

    社内のメンバー同士でメンタリングを実施する「MyPilot制度」、始動しました

    2022年12月(yue)からメンバー同士(shi)でメンタリングを行(xing)う「MyPilot制度」がスタートしました。全員がメンティーになるこの制度が生まれた背景、設計・運用から実施後の手(shou)応えなどを、プロジェクトメンバーに聞きました。

    提供価値・バリューに着目してプロジェクトの立ち上げ期を整理する - COPILOT Newsletter [May, 2022]

    コパイロツトが日本で最初のパートナーになった「unFixモデル」について、2022年5月に配(pei)信した『COPILOT Newsletter』のコラムを転載してご紹介します。

    「会社本」という羅針盤──本を活用したオンボーディングと、その成果

    一緒(xu)に働くことになったメンバーに対(dui)し、各社工夫をこらして取り組んでいるオンボーディング施策。コパイロツトには、「会社としてメンバーに知っておいてほしいこと」が書(shu)かれている本を読んでもらう「会社本」制(zhi)度(du)があります。この制(zhi)度(du)についてご紹介(jie)しま…

    コパイロツトってどんな会社?よくある質問別にまとめました

    コパイロツトってどんな会社?と思ったときに役(yi)立(li)つブログ、Podcastや他(ta)社媒体に掲載された記事など、さまざまな情報をまとめました。このページを見れば、コパイロツトの業(ye)務内(nei)容、会社のカルチャー、働き方・制度などがわかります。

    クラスメソッド社と行っている「Project Enablement」――プロジェクトを進めやすくするための環境・仕組みづくり

    この記事(shi)では、現在コパイロツトがクラスメソッド社でご支援をさせていただいている「プロジェクトの進め方(fang)の言語(yu)化(hua)(hua)」≒「プロジェクトマネージャーに求められるスキルや振(zhen)る舞い」を言語(yu)化(hua)(hua)し、組織内に浸透させていくプロジェクトの概要(yao)についてお伝(yun)えします…

    「働く時間は自分で決める」メンバーの稼働時間について、コパイロツトの考え方と具体的な管理方法

    コパイロツトでは、メンバーが自律的に働(dong)ける環境(jing)を整えるために、働(dong)く時間(jian)を自己決定する仕組みを取り入(ru)れ実践(jian)しています。この取り組みの背景にある会社としての考え方(fang)や、どのように稼(jia)働(dong)時間(jian)をマネジメントしているのかについて、具体例とともに紹介(jie)しま…

    「個人方針」にも注目してアサインを決める、コパイロツトのチーミング

    コパイロツトでは、関(guan)わるプロジェクトを決める際に、メンバーの「個(ge)人(ren)方(fang)針(zhen)」を加味(wei)して相談の上(shang)決定しています。この「個(ge)人(ren)方(fang)針(zhen)」とはどのようなものか、また具(ju)体的にどのようにプロジェクトへのアサインを進めているのかについて、その仕組みと考え方(fang)を紹…

    VUCA時代のプロジェクトを推進をしていくために。幅広い課題を解消する3つのプログラム [研修プログラムのご紹介]

    「プロジェクトマネジメントについて改めて学(xue)びたい」「会(hui)議のファシリテーション方法を教(jiao)えてほしい」。コパイロツトでは、企業のみなさまに向(xiang)けていくつかの研修プログラムをご用意(yi)しています。今(jin)回は、その内容をご紹介いたします。

    マネジメント経験ゼロのリーダーが、2年間「Project Sprint」を実践してみた

    チームの本格(ge)的なマネジメント経験が10年以上なかった、とあるプロジェクトリーダー。チーム運(yun)営に悩む中、2年間(jian)にわたり「Project Sprint」のメソッドを取り入(ru)れ、プロジェクト推進を実践しました。その結果(guo)をご紹(shao)介(jie)します。

    コパイロツトのメンバーは、何を考え、どんな仕事をしているのか - メンバーインタビュー

    現在、月(yue)に1人程(cheng)度のペースで公開されているWantedlyのメンバーのインタビューを、コパイロツトサイトに掲載されているプロフィールと併せてご紹介します。

    プロジェクトマネジメントだけじゃない? コパイロツトの「プロジェクト推進支援」とは

     プロジェクトマネジメントだけじゃない?コパイロツトが行う「プロジェクト推進(jin)支援」という業(ye)務について、支援の種類、担当者のアサイン方(fang)法、プロジェクトの現場がわかる記事でご紹介(jie)します。

    長期プロジェクトで効果的な”変容させる”ふりかえり

    長(chang)期プロジェクトの多(duo)くは、タックマンモデルにおけるチームビルディングの5段(duan)(duan)階を経験するでしょう。各(ge)段(duan)(duan)階のチームの心理状態(tai)に合わせて、ふりかえり方法も変容させることがチームビルディングには効(xiao)果(guo)的(de)です。今回(hui)はコパイロツトが各(ge)段(duan)(duan)階で行(xing)ってきたふり…

    オンラインでもメンバーの関係構築を進めるため、アップデートした2つの制度

    リモートワークが続く中、共に働(dong)く人と仕事以外の話をする機会(hui)が減り、関係構築が進みにくいことに課題を感じる会(hui)社も多いのではないでしょうか。コパイロツトではオンラインでも交(jiao)流の場を設けるべく、コミュニケーションに関する社内制(zhi)度(du)を再検討。2つの制(zhi)…

    リモートワーク環境下でもメンバー同士の交流をうながす「チームで推進する制度」が生まれるまで

    全社的にリモート環境(jing)での勤務(wu)に切り替えたコパイロツトでは、社内(nei)の情報がメンバー間で相互に流通・浸透する仕(shi)組みを作りたいと考(kao)えました。実際にどのように仕(shi)組みをつくり、リモート環境(jing)下でのコミュニケーション課題と向き合ってきたのか、取り組み内(nei)容…

    これからの「プロジェクトの進め方」とは何か?[オンラインイベントレポート]

    2021年6月11日(ri)(金(jin))、黒鳥(niao)社のコンテンツディレクター 若林恵さんをゲストにお迎えして、「これからの『プロジェクトの進(jin)め方』とは何か?」と題したトークイベントを開(kai)催しました。この記(ji)事ではイベントの様子をご紹(shao)介(jie)します。

    チームであるがゆえの強さと弱さ

     「チーム」という概念について、これまでさまざまにされてきた定義や、チームが必要(yao)とされる社(she)会的背景を参照しながら、論じています。

    リモートワークにおけるファシリテーションの方法論を公開します!

    民間(jian)企(qi)業や行(xing)政機関がテレワーク環境下において最適なファシリテーションを行(xing)うことができるように「リモートワークにおけるファシリテーションの方法論」を公開(kai)します

    コパイロツトで育休が取りやすい理由を考えてみた

    実際に育休を取得したメンバーが、普段のプロジェクトの進め方(fang)や取り組(zu)みのなかに、育休を取得しやすくするヒントがないか、考えてみました

    ジャイアント・キリングし続けるチームの作り方

    人気のサッカー漫画『GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)』のストーリーにも使われている、チームの成長プロセス「タックマン・モデル」から、ジャイアント・キリングし続(xu)けるチームを作る方法を紐解いてみました。

    アジャイルに組織を作っていく方法論を「パターン・ランゲージ」によって型化した書籍を紹介

    アジャイルに組(zu)織を作っていく方法論を「パターン・ランゲージ」によって型化した書(shu)籍、『組(zu)織パターン』と、『Fearless Change アジャイルに効(xiao)く アイデアを組(zu)織に広(guang)めるための48のパターン』をご紹介しています。 

    1枚絵で理解するホラクラシー〜始め方〜

    コパイロツト社内(nei)にホラクラシーを導入するにあたり、最低限、理解(jie)(jie)しておきたいことを一枚(mei)(mei)の絵(hui)にまとめました。作成した一枚(mei)(mei)絵(hui)をもとに、「ホラクラシーの概要」「Role と Circle」「Tensionの感知(zhi)と解(jie)(jie)消方法」「Core Roles〜ホラクラシー独特のRole〜」につ…

    なぜコパイロツトはナレッジマネジメントに注力しているのか(その4)

    コパイロツトがなぜナレッジマネジメントを重要だと考え、チームで取り組(zu)んでいるのか。今回は、コパイロツトの共(gong)同創業者である定金基(ji)の考える今後の組(zu)織に最も必要なものについて語ります。

    コパイロツトは、課題整理や戦略立案(an)から参画(hua)し、プロジェクトの推進支援(yuan)をいたします。お気軽にお問(wen)い合わせください!

    TOP