ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    実践理論

    アセスメントツール「Zipadee」で、誰もがプロジェクトを自律的にしていける世界へ

    コパイロツトでは、プロジェクトチームの状態を、客観的な指標(biao)(biao)に基づいて可視化することを目的としたアセスメントツール「Zipadee」を開発しています。この記事では採(cai)用している指標(biao)(biao)や、Zipadeeによってどんなことが可能になるのかを紹介します。

    矛盾に満ち満ちた現場 - 活動理論

    Davide Nicolini『Practice Theory, Work, and Organization』から実(shi)践(jian)理論(lun)に触(chu)れるシリーズ。今(jin)回は実(shi)践(jian)理論(lun)の中でもシンプルに実(shi)際の現場の複雑(za)さを言(yan)語化している文化・歴(li)史的活動(dong)理論(lun)やその源流であるカール・マルクスの労働観について触(chu)れていきます。

    言葉は天地を動かすかもしれない - ディスコースの理論

    Davide Nicolini『Practice Theory, Work, and Organization』から実践(jian)理論に触れるシリーズ。実践(jian)のなかでもとりわけ言(yan)語を使う実践(jian)(言(yan)語的(de)実践(jian))に注(zhu)目(mu)し、言(yan)説(shuo)(discourse)についてどのような議論がなされてきたかの大(da)雑把におさらいしていきます。

    チームはどこから来るのか ー 実践共同体

     Davide Nicolini『Practice Theory, Work, and Organization』から実践(jian)(jian)理論(lun)に触れるシリーズ。プロジェクトチームにとって「良い進め方」はどう決まり、いつ「我々」になるのか?実践(jian)(jian)理論(lun)の中でも特に学習的側面(mian)に焦(jiao)点(dian)を当ててきた「実践(jian)(jian)共同体(ti)」の系譜から…

    職人芸を理論的に説明したい – エスノメソドロジー

    Davide Nicolini『Practice Theory, Work, and Organization』から実践(jian)理論に触れるシリーズ。今回は職人芸や長年の勘など「何をどうやっているかがわかりにくい実践(jian)を説明したい」という問題(ti)意(yi)識を共有する研究領域、エスノメソドロジーについて。

    実践の理論を求めて – ギデンズとブルデュー

    Davide Nicolini『Practice Theory, Work, and Organization』から実践理論に触れるシリーズ。今回はアンソニー・ギデンズとピエール・ブルデュー、二人(ren)の社会哲学者を取(qu)り上げていきます。

    コパイロツトは、課題整(zheng)理や戦略立案(an)から参画(hua)し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気軽にお問い合(he)わせください!

    TOP