ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    イベント・勉強会

    プロジェクトは、「苦しい」から「楽しい」へ[エスケイワード×コパイロツト共同開催イベントレポート]

    2023年(nian)11月10日(ri)(金)にリアルイベント『プロジェクトは、「苦(ku)しい」から「楽しい」へ』を株(zhu)式会社エスケイワード、株(zhu)式会社コパイロツトの2社で共(gong)同開(kai)催しました。ここでは登壇(tan)者(zhe)や参加者(zhe)の声(sheng)、エスケイワードさんへの支援内容などを交えながら、当日(ri)のイベン…

    子どもたちと共に「プロジェクト」と向き合った11日間 [プロジェクトマネジメントアカデミー 講座レポート➁ ]

    未来を担う子どもたちにプロジェクト推進力を提供する「COPILOT KID's PROJECT」。その第(di)1弾となる「プロジェクトマネジメントアカデミー講(jiang)座」を2023年(nian)4月(yue)に開(kai)講(jiang)しました。2023年(nian)9月(yue)3日に最(zui)終講(jiang)座を終え、講(jiang)座全(quan)体をふりかえり最(zui)終レポートをお伝えします。

    プロダクトマネージャーのコミュニティで「チーム間連携の壁を乗り越えるために定例会議のデザインが有効だった話」を共有しました[講演内容・資料公開]

    プロダクトマネージャーのコミュニティが主催(cui)するイベントでお話しした「増殖し変化(hua)し続けるチーム間(jian)連(lian)携の壁を乗り越えるために定例会(hui)議のデザインが有効だった話」の内容と講演資料を共有します。

    子どもたちに楽しんでプロジェクトマネジメントに触れてもらうための工夫 [プロジェクトマネジメントアカデミー 講座レポート➀ ]

    未(wei)来を担う子どもたちにプロジェクト推進力(li)を提供する「COPILOT KID's PROJECT」。その第(di)1弾となる「プロジェクトマネジメントアカデミー講座」を2023年4月に開(kai)講しました。折り返し地点を迎えた今、講座の内(nei)容(rong)や運営時の工夫(fu)をご紹介します。

    18の断片で綴る、あの日の風景

    会社のビジョンをメンバーで共(gong)有(you)するには、言葉で語り尽くすしか方法はないのでしょうか。4月14日に行(xing)われた、あるワークショップを18枚の写真で綴ります。

    「改めて、プロジェクトマネジメントの基本を体系的に学びました」- PCC2期参加メンバーインタビュー Vol.9

    プロジェクトに関わる全(quan)ての方に向けたオンラインカレッジ、 PCC。今回は、大手人材会社に所属(shu)しながら社内外の複数のプロジェクトチームをリードされているPCC2期の三石(shi)さんに、PCCに参加し改(gai)めてプロジェクトマネジメントの基礎を学ぶ重(zhong)要(yao)性について語って…

    COPILOT KID's PROJECT プロジェクトマネジメントアカデミー 2023年4月開講!!

    未来を担う子どもたちにプロジェクト推進(jin)力を提供する「COPILOT KID's PROJECT」。今回は、2023年4月開講のプロジェクトマネジメントアカデミー講座プログラムをご紹介します。

    「チームメンバー全員で、プロジェクトに取り組むきっかけになりました」- PCC2期参加メンバーインタビュー Vol.8

    プロジェクトに関(guan)わる全ての方に向けたオンラインカレッジ、 PCC。今回は、Webディレクター・デザイナーとして活(huo)躍(yue)しているPCC2期(qi)の水野さんに、自(zi)分だけでは想像(xiang)できない世界を目指(zhi)してチームでプロジェクトに挑む思いについて伺いました。

    未来を担う子どもたちにプロジェクト推進力を提供する「COPILOT KID's PROJECT」始動

    「COPILOT KID's PROJECT」は、子ども向(xiang)けにプロジェクトマネジメントを教えるための講座をつくる活動です。この記事では「COPILOT KID's PROJECT」について紹介します。

    「学んだノウハウの実践で、チームに変化が生まれました」- PCC2期参加メンバーインタビュー Vol.7

    プロジェクトに関わる全ての方に向(xiang)けたオンラインカレッジ、 PCC。今回からは、PCC2期にご参加いただいた株式会社(she)エスケイワード代表(biao)取締役社(she)長の沢田さんと、同社(she)でプロジェクトマネージャーをつとめる伊藤さんのお二人(ren)に変数やリスクへの向(xiang)き合い方、実践…

    「自己流の手法をアップデートし、会議の質が変わりました」- PCC1期参加メンバーインタビュー Vol.6

    プロジェクトに関わる全ての方に向けたオンラインカレッジ、 PCC。その1期(qi)メンバーへのインタビュー企画(hua)です。今回(hui)は、石川県でコワーキングスペースの運営や様々な会社の外部パートナーとしてプロジェクトを推(tui)進されているPCC1期(qi)生の五十川さんにお話(hua)を伺(si)い…

    北欧のボトムアップ型プロジェクトからどんな学びを得て、これから何を実践していく?[三社合同公開勉強会レポート]

    NEWh、ロフトワーク、コパイロツトの三社は、勉強のため、そしてプロジェクトマネジメントの裾野を広げるために、合同勉強会「プロジェクトマネジメント夜話」を始めます。第1回は、研究出(chu)張から帰ってきたコパイロツトの八木が、「北欧(ou)で見(jian)たボトムアップ型…

    「PCCでの学びが、困ったときに立ち返る場所になる」受講との並行で加速した、ヴェネクト社の組織づくりプロジェクト - PCC1期参加メンバー対談インタビュー Vol.5

    プロジェクトに関わる全(quan)ての方に向(xiang)けたオンラインカレッジ、 PCC。今回は、PCC1期に参加いただいたヴェネクト株式会社(she)(she)の大(da)森さんが、社(she)(she)内全(quan)体のPMOとして「組(zu)織づくり」のプロジェクトに取り組(zu)まれたということで、同社(she)(she)代表の大(da)脇さんにもご参加いただき、お…

    「実際にプロジェクトを一緒にやっていくような感覚でした」 - PCC1期参加メンバーインタビュー Vol.4

    プロジェクトに関(guan)わる全ての方に向(xiang)けたオンラインカレッジ、 PCC。その1期メンバーへのインタビュー企画です。今回は、デジタルマーケティング業界(jie)でクライアントのプロジェクト推(tui)進に従事されているPCC1期生の大(da)森さんに、講座を受講して得た気づきなどにつ…

    「みんなでプロジェクトを進めていくという視点は新しい体験でした」- PCC1期参加メンバーインタビュー Vol.3

    プロジェクトに関わる全(quan)ての方に向けたオンラインカレッジ、 PCC。その1期メンバーへのインタビュー企画です。今回(hui)は、NPO法人を対象に資金調(diao)達などのコンサルティングを行っている相澤さんに、プログラムを通じて得た新たな視点や今後(hou)の目(mu)標などについてお…

    「不確実性の高いプロジェクトをデザインする仕事」を手掛ける三社が集う、座談会が開催されました[オンラインイベントレポート]

    2022年5月17日(火)にオンラインイベント「新規事業(ye)開発(fa)・サービスデザイン業(ye)界(jie)で働く人たちの座談会 〜不確(que)実性の高(gao)いプロジェクトをデザインする仕(shi)事〜」が株(zhu)式会社NEWh主催で開催されました。この記事では当日の模様を一部ダイジェストでレポートいたし…

    「改めて方法論を学び、自己流のプロジェクトマネジメント手法をアップデートしました」- PCC1期参加メンバーインタビュー Vol.2

    コパイロツトが開催する、プロジェクトに関わる全ての方(fang)に向けたオンラインカレッジ、 PCC。その1期メンバーへのインタビュー企画です。今回は、デジタル領域の業(ye)界で活(huo)躍しているお二人に、受講したきっかけやPCCを勧めたい人などを伺いました。

    「インプットもアウトプットも盛りだくさん。スパルタだけど、愉快な場所でした」- PCC1期参加メンバーインタビュー Vol.1

    プロジェクトに関わる全ての方に向けたオンラインカレッジ、 PCC。その1期メンバーへのインタビュー企画です。今回(hui)は、NPOの事(shi)務局スタッフや美(mei)術大学の非常(chang)勤講師として活躍されている河野さんに、参加(jia)した感(gan)想や今後の目(mu)標を伺いました。

    「プロジェクト」という山にチームで登頂するには?参加者と一緒に探求を重ねたPCCの8週間

     プロジェクトに関(guan)わる全(quan)ての方(fang)に向けて、コパイロツトが始めたオンラインカレッジ、PCC。今回は、第1期(qi)の8週間(jian)のプログラムで目指したものと、そのプログラムの進め方(fang)についてご紹介します。

    プロジェクトに関わる全ての方に向けた共創カレッジ 第1期(β版)「Project Climbing Challenge」が無事に終了しました!

     コパイロツトでは2021年12月から、プロジェクトに関(guan)わる全ての方に向けたオンラインカレッジPCCを始(shi)めました。今回は、その1期(qi)生としてどんな方が参加していて、プロジェクトにどんな課(ke)題感を抱いていたのか。そして実際にPCCで何(he)を行ったのかを紹介します。

    デザイン思考とプロジェクト推進 [オンラインイベントレポート]

    2021年7月15日(ri)、米スタンフォード大でデザイン思考を学ばれた柏野尊徳さんをゲストにお迎えして、「デザイン思考とプロジェクト推進」をテーマにトークイベントを開催しました。この記事ではイベントの様子(zi)をご紹介(jie)します。

    プロダクトマネジメントとプロジェクト推進 [オンラインイベントレポート]

    2021年(nian)6月29日、Tably株(zhu)式会(hui)社代(dai)表の及川(chuan)卓也さんをゲストにお迎えして、「プロダクトマネジメントとプロジェクト推進(jin)」をテーマにトークイベントを開催しました。この記事ではイベントの様子をご紹介します。

    これからの「プロジェクトの進め方」とは何か?[オンラインイベントレポート]

     2021年6月11日(金)、黒鳥社のコンテンツディレクター 若林恵さんをゲストにお迎えして、「これからの『プロジェクトの進め方(fang)』とは何か?」と題したトークイベントを開催しました。この記事ではイベントの様(yang)子(zi)をご紹介します。

    1時間で学べる!研究開発を軸にした新規事業の立ち上げと推進 [オンラインセミナーレポート]

    多(duo)くの新規事業や起業支援を手(shou)がけてきたPegara, Inc.の市原(yuan)俊亮氏を招き、オンラインセミナーを開催しました。新事業プロジェクト立ち上げ期に考えるべきことや失敗原(yuan)因など、当日の様子をレポートしました。

    不確実性の時代にどう軸を作るのか[エスノグラフィー×プロジェクトマネジメント]

    プロジェクトマネージャー/ディレクター向けの勉強会レポート。今回(hui)は、エクスパーク合同会社代(dai)表(biao)の伊賀聡(cong)一郎氏を迎え、文化人類学で用いられてきた対象を観(guan)察する手法(fa)「エスノグラフィー」についてお話しいただきました。

    ナレッジマネジメントの現場 LIXILは知の創造をどう進めてきたのか[ナレッジマネジメント×プロジェクトマネジメント]

    プロジェクトマネージャー/ディレクター向けの勉(mian)強会レポート。今回は、株式(shi)会社LIXILでナレッジマネジメントに取り組む村上修司氏(shi)に、具体的な実践例についてお話いただきました。 

    暗黙知と形式知の相互変換による知の創造プロセス[ナレッジマネジメント×プロジェクトマネジメント]

    プロジェクトマネージャー/ディレクター向けの勉強(qiang)会レポート。「知(zhi)識(shi)=ナレッジこそが企業の最大(da)の資源」と説いた経営学者の野中郁(yu)次郎先(xian)生(sheng)(sheng)。その野中先(xian)生(sheng)(sheng)を師事されている西原(廣瀬)文乃先(xian)生(sheng)(sheng)から、最新(xin)のナレッジマネジメントと知(zhi)識(shi)創造プロセスであるS…

    問題解決を設計する仕組みとは[ゲームデザイン ✕ プロジェクトマネジメント]

    プロジェクトマネージャー/ディレクター向けの勉強会レポート。今回はゲームソフト「ワンダと巨像(xiang)」などのゲームデザイナー、シナリオライターとして活躍されている𥱋瀨洋(yang)平さんをお迎えし、ゲームデザインとは何(he)かをお話しいただきました。

    編集的思考のすすめ[編集力×プロジェクトマネジメント]

    プロジェクトマネージャー/ディレクター向けの勉強会を開催しました。第一回目のゲストは、編集(ji)者の松(song)永光弘さん。編集(ji)の基(ji)礎的なレクチャーに加(jia)え、編集(ji)的思考の活用についてワークショップを行いました。イベント内容をダイジェストでレポートします。

    エドガー・シャイン「謙虚なコンサルティング」読書会

    読(du)書方法(fa)をメソッド化する取(qu)り組(zu)みの一環として、Active Book Dialogueを実験的に取(qu)り入れています。今(jin)回(hui)はエドガー・シャイン『謙虚なコンサルティング』を課題(ti)図書としてActive Book Dialogueを行いました。

    コパイロツトは、課題(ti)整理や戦略(lve)立案から参画し、プロジェクトの推(tui)進支援をいたします。お気軽にお問い合わせください!

    TOP