ピンボール CR

プロジェクトマネジメント・ナレッジマネジメント・組織づくりについてコパイロツトが
日々の実践を通じて考えていることをお伝えするメディア
" style="margin: 0 auto" >

    ふりかえり

    リモートワークにおけるファシリテーションの方法論の増補版を公開します!

    2020年(nian)5月に公開した「リモートワークにおけるファシリテーションの方法論(lun)」の増(zeng)補(bu)版(ban)を公開。新たにコラムやTipsなども追加(jia)しながら内容を見直しました。

    語学留学、研究留学?博士課程で始めるプロマネ留学!

    コパイロツトでインターンシップとして活(huo)動した印部仁博さんによる寄稿記事。インターン活(huo)動を通(tong)しておこなってきた多様な業務を振(zhen)り返(fan)り、これまでの活(huo)動で得られたものとプロジェクトという概(gai)念について考(kao)えたことをご紹介します。

    長期プロジェクトで効果的な”変容させる”ふりかえり

    長期プロジェクトの多くは、タックマンモデルにおけるチームビルディングの5段階(jie)を経験(yan)するでしょう。各段階(jie)のチームの心理状(zhuang)態に合(he)わせて、ふりかえり方法も変(bian)容させることがチームビルディングには効果的です。今回はコパイロツトが各段階(jie)で行(xing)ってきたふり…

    コパイロツトが探究を続ける、ナレッジマネジメントの現在地。プロジェクトマネジメントとの融合、そしてこれからのあり方

    2014年ごろからナレッジマネジメントの実践(jian)と探究(jiu)を続けてきたコパイロツト。社内で試(shi)行錯誤を重ねてきたメンバーに、探究(jiu)のプロセスと、たどり着いた新たな視点(dian)「Project Success」「Project Enablement」について聞(wen)きました。

    変化し続けるためのふりかえりー様々な視点を行き来しながら自己と対話する

    「ふりかえり」は、絶対的なものが存(cun)在しえない中(zhong)で、少(shao)しずつより良い状態に近づけていくためのものであり、プロジェクトには不可欠です。この記事では5つの視点で「ふりかえり」を分類し、そのやり方を紹(shao)介します。

    実践から得た経験をチームの知見に変える「ふりかえり」の手法

     実践から得た経(jing)験(yan)をチームの知見に変えるために。コパイロツトが行っている「ふりかえり」の内容と実施方法(fa)を具体(ti)的にご紹介します。

    「これ誰が担当?」役割があいまいな状態を解消する - ”ロールセッション”とは

    役(yi)割(ロール)に対する認識の齟齬、役(yi)割分担があいまい、といった課題はよく発生します。今回はコパイロツトで行(xing)っている「ロールセッション」についてご紹介します。

    プロジェクトの成功にコミットし続けるには?プロジェクトマネジメント(PM)に必要不可欠な2つのポイント

    コパイロツトがプロジェクトの成功にコミットし続けるために必要不可欠としているポイント2つを紹介していきます。

    リモートワークにおけるファシリテーションの方法論を公開します!

     民間企業(ye)や行政(zheng)機(ji)関がテレワーク環境下において最適(shi)なファシリテーションを行うことができるように「リモートワークにおけるファシリテーションの方法論」を公開します

    「思考」を生むための「問い」。「問い」を生むための「思考」。

    ホラクラシーを試験的に導入するプロセスで再認識した、「問(wen)い」の重(zhong)要性について考(kao)えました。ナレッジ・マネジメントの中で、「問(wen)い」はどのように機能しているのか。「思考(kao)を促す問(wen)い」「物事の本質に近づくための問(wen)い」についての論考(kao)です。

    プロジェクトや組織の状況を定期的にスナップショットする意義

    会議で「アジェンダ」を定(ding)義したり、組(zu)織で定(ding)期的にふりかえりを行うなど、プロジェクトや組(zu)織の状況を定(ding)期的にスナップショットする意義についてご紹介します。

    あたりまえを疑う、批判的学習モデルでのふりかえり

    ナレッジマネジメントの過程(cheng)で重要な「ふりかえり」について、批判的学(xue)(xue)習モデルを軸(zhou)に考察(cha)しました。”ふだん、無(wu)意(yi)識にとっている自分の行動や考え方を、自覚(jue)し、批判的にふりかえり、学(xue)(xue)びを得る”学(xue)(xue)習モデルです。

    なぜ、コパイロツトのふりかえりはKPTベースなのか。

    コパイロツトは「ふりかえり」を頻繁(fan)に行っています。「経験学習モデル」と「ふりかえり」の関係について紹(shao)介した記事の続編として、方法としてKPTを採用している理由をご紹(shao)介します。 

    今日から使える「マトリクスKPT+A」

    プロセスの改善、チームの関係性の改善、問題(ti)解決能力の向上などの効果(guo)が期待(dai)できる「振り返(fan)り」。過去の経(jing)験をチーム全体で振り返(fan)る際に有効なマトリクス「KPT+A」をご紹(shao)介します。

    経験学習モデルと、ふりかえり

    コパイロツトは「ふりかえり」を頻(pin)繁(fan)に行っています。それはなぜなのか?「経験学習モデル」と「ふりかえり」の関係についてご紹介します。

    エドガー・シャイン「謙虚なコンサルティング」読書会

    読書(shu)方法をメソッド化する取り組(zu)みの一環(huan)として、Active Book Dialogueを実験(yan)的に取り入れています。今回はエドガー・シャイン『謙虚なコンサルティング』を課題(ti)図(tu)書(shu)としてActive Book Dialogueを行いました。

    コパイロツトの取り組み紹介:良くする会議(2)「良くする話」

    コパイロツトの全社(she)会議で共有されている、良くする話という取(qu)り組みについてご紹(shao)介します。

    コパイロツトの取り組み紹介:良くする会議(1)「GPKOCの共有」

    コパイロツトの全(quan)社会議で共有されている、GPKOCという取り組みについてご紹介します。

    コパイロツトは、課題整理や戦略(lve)立案(an)から参画(hua)し、プロジェクトの推進支援をいたします。お気(qi)軽(qing)にお問い合わせください!

    TOP